嘘吐き共は馬鹿を見る(仮題) 作曲 ボカロP 募集

投稿日:2015/04/01 20:19:48 | 文字数:698文字 | 閲覧数:130 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

嘘だらけの世界で、嘘にあらがうことしか知らなかった少年のお話。
今日はエイプリルフールです。
「よし何か書こう」
↑朝の私。
作曲者様、ボカロP様を募集したいと思います。
期限は設けず、こちらのイメージに合うものが出され次第採用させて頂きます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 A
もう そこにあの日の景色はなくて
もう どこにいるのか分からなくて

 B
何も知らないことあざ笑うように
何か呟いては消えてくんだ
何も知らないこと罪と言うように
何も言わずに消えてくんだ

 S
ああ僕を 笑いたいと言うのなら!
正直者にバカを見せ 偽りに花を渡す
ああそれが この世界のルールなら!
最後の正直者にでも 引導を渡せばいいだろう


 A
もう そこにあの頃の僕はいなくて
もう どこにいるのか知りたくなくて

 B
何も知らなければ良かったのに
何か呟いても消えないんだ
何も知らなければ罪を被れたのに
何も言わずに残ってんだ

 S
ああ僕を 蔑ませろと言うのなら!
正直者を裏切って 偽りを信じ込め
ああそれが この世界を創るなら!
増えすぎた偽りにでも 餌を与えてればいいだろう


 C
歩き出すこと 見失うような 暗闇にも 嘘が紛れて
睨みつけては 怯えるような 愚か者にも 嘘が紛れて
正直者が 馬鹿を見るのは 今や賛美歌 嘘に埋もれて
偽が奉られ 真を欺け 今は賛美歌 ウソに涙して……

 S
ああ僕が 正直者の最後なら!
どこまでだって裏切った この世界を呪うのだ
ああ何も 知らないことこそ全てだ!
溢れるように紛れ込む 虚無に沈めと言うんだろ!

ああ僕が 今すぐに散るとしても!
愚か者よ牛耳れと 託せたなら勝利だと
ああ全て 知らないで生きたなら!
肥えすぎた嘘吐きの 次の嘘でもあざ笑え!

ああ僕を 笑いたいと言うのなら!
正直者にバカを見せ 偽りに花を渡す
ああそれが この世界のルールなら!
最後の正直者にでも 引導を渡せばいいだろう

二次創作やオリジナル小説執筆から歌詞作成の道に入り、ここではほぼ作詞のみで活動しています。
簡単なイメージさえ頂ければ、翌日までには歌詞を完成させられるかと思いますので、急ぎの依頼なども遠慮なくお寄せ下さい(^^)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP