コーヒーヌガー[初音ミク][巡音ルカ]

投稿日:2009/02/13 01:30:39 | 文字数:490文字 | 閲覧数:201 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

先に投稿した自作曲「コーヒーヌガー」( http://piapro.jp/content/aeq90zexm8akxs0c )の歌詞です。
バレンタインソングということで、そんな感じの歌詞になりました。
前半は女の子の視点、後半はルカさんが歌いましたけど、男の子の視点ですね。














例によって、誰も読まないであろう解説。
曲先なのですが、もともとは「ネタ曲」として曲を書いてました。

某チョコのバラエティパックを買ってきてみんなで食べたら、
元祖であるハズのコーヒーヌガーばかり残ってしまったことを
題材にしようかと思ってたのです。

昨年秋に前作の制作が終わった頃から曲を書き始めたところ、
曲調が「ネタでは済まされない」雰囲気になってきてました。
しばらく置いておいた後、今年になり、折角だから
バレンタインソングにしてしまうことになり、こんな歌詞になりました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつもの帰り道 並んで歩いて
キミの横顔のぞいてみる

透き通る瞳に吸い込まれるよう
続く言葉が出てこなくなる

届けたいのは、チョコじゃなくて気持ち。
いつも近くに居ても距離が埋まらない

伝えたいのは、義理じゃなくて心。
そばにいるのにいつも素直になれなくて

小さなてのひらからこぼれた想い
風に吹かれて ほら、転がってゆく

小さな四角い、空 つめこんだような
甘くてせつないね 涙のコーヒーヌガー



夜空に輝く オリオンを見上げ
あなたの言葉をくりかえした

いつもそばにいて 笑顔見せてくれた
言い出せない言葉 隠してた

進めないのは、君じゃなくて僕の
臆病さから 自分をダマし続けてた。

踏み出せないのは、僕に足りない勇気
伝えてたなら すべて消えてしまうようで

小さなてのひらからこぼれた想い
風に吹かれて ほら、転がってゆく

小さな四角い、空 つめこんだような
甘くてせつないね 涙のコーヒーヌガー

小さなてのひらからこぼれた想い
風に吹かれて ほら、転がってゆく

小さな四角い、空 つめこんだような
とろけてしまう、恋 ふたりのコーヒーヌガー

趣味で「作曲のマネゴト」してる人。
偽作曲家 兼 偽料理人。

無期限活動停止中…

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP