ゴールデンレイ

6/8 BPM243

昨日気付いたんだ
歩き出そうとして
いつもの靴が小さかった
笑われちゃうかもな
海を見る君が
なんだか大人びていた

どれが宝物
どれが好きなこと
失くしてから気付くでしょ
あたりまえの空の下に
多分隠れてる

また朝が来て
リボンを蝶々に結んで
まだ温かい
少女の見た夢

止まらないで行こう
光る方へ行こう
僕らは戻れない 
手を握ってゴールデンレイ
まだ傍にいる まだ傍にいる

止まらないで行こう
望む方へ行こう
僕らが選んだなけなしのゴールデンレイ
まだ傍にいる まだ傍にいるから

そしてわかったんだ
光の輪郭が
ひとりひとり違うこと
言葉で切り取ろうとしても
触れないこと

星屑たちは
夜風に運ばれていった
取り残された
光つづく星

迷いながら行こう
光る方へ行こう
信じているならば
途切れないよゴールデンレイ
ただその先へ 進むしかなかった

照らされてると思いこんでいた
金色の光に
少し手をあててみたら
そっと目を開けてみたら
僕の心は等しく輝いてる

止まらないで行こう
光る方へ行こう
僕らは戻れない
戻れないんだゴールデンレイ
まだ傍にいる まだ傍にいる

きつくなった靴
さよならを言った
僕らの命が燃えるようなゴールデンレイ
止まれないけれど 君を待っているから

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい

ゴールデンレイ(Lyrics)

_

閲覧数:1,305

投稿日:2023/07/09 10:37:28

文字数:570文字

カテゴリ:歌詞

ブクマつながり

もっと見る

クリップボードにコピーしました