【高飛車なピエロ10】Flaming Cat

投稿日:2021/03/08 22:55:37 | 文字数:1,696文字 | 閲覧数:124 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 魔女と焼かれてみたものの、消えない悪魔が居りました。
 夏至祭には喜びと恐怖がやって来る。永遠を誓う恋人達の傍らで、太陽の陰りに悪魔が活気付く。魔女の手先と焼かれる猫たちだけれども、本物の悪魔はそのくらいで果たして滅ぶでしょうか?愛憎の炎で焼かれた黒猫は笑います。
「さぁさ此方、おいでませ」と……

「嫌われたくないから《本当の顔》は見せられない」「見られているのは、《貴方じゃない》のに?」
「愛しているから《嘘》は吐きたくない」「《嘘》を吐かないことで、その人を傷付けてしまったら?」

 どちらにせよ、現実は戯曲。如何に自分が楽しむか、他人を楽しませるか。いなくなってしまうまで、誰だって。本当の顔も本心も、誰からも必要とされないものなのです。


【今作あらすじ】
 神々の戦いにより、後ろ盾を失う高飛車ピエロ。錬金術師と刑事の奮闘により、本体を焼き殺すことでとうとう追い詰めた。かに思えたが……魔女ですら殺す炎でも高飛車ピエロは滅びない。女王の生まれ変わりであるルベカは、真実を見つけ出し哀れな狂人を止めることが出来るのか!?

【配役】
高飛車ピエロ : KAITO
女王&お針子ルベカ=ロンド : 巡音ルカ
その他→書き切れないので他の動画参照

【道化】mylist/35164804
【他】mylist/12792999
【小説版】http://ncode.syosetu.com/n7279bl/
【Twitter】Satanic†ale@物語の悪魔(@Satanic_taleS)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Fire is a good servant but a bad master.
I'm a cat, Flaming Cat, to fright the mouse away.

clew, clew 迷宮の糸玉(clew) 溜息鮮やかな蜃気楼
(高飛車な道化師の 高飛車なその笑顔)

魔笛吹きの黒猫は 酒で縺れた脚で踊った
「さぁさ此方、おいでませ」と 手招く指先明るく燃え
(needle needle I need you. needle needle I miss you.)

燃え盛る炎 映した目で


君に編んで贈ろう 白いミルテの花冠(リース)
手を繋ぎ跳び越えた火 今はもう遠い記憶
wicker, wicker詰め込んだ “私”に棲んでいる
wicker, wicker僕だけは 違うはずだと信じていた


誰に見られているでもないのに 君と過ごす時間も語らえば戯曲になる
(誰に見られている訳でもないのにね 君と過ごす時間さえも見つめれば嘘になる)
舞台を降りて隣に座れば 君は言うだろう「貴方は何処に行ったの?」
(舞台を降りて行く君の隣へ行く 君は悲しい目で「貴女は何処へ行ったの?」と)

I'm a cat, a crazy cat, to fright the mouse away.
(私を解いて“私”を編んだ)
君が笑う、笑わせたのは 僕が“僕”と名付けてた仮面(schemen)
(僕らを嗤う奴は 誰であれ許せない)


君にあげる教えてあげる 覗けば壊れていくガラクタ
(高飛車なそのピエロ 高飛車に今嗤う)
踊りましょう取り合った手も 君を失わせていく鉤爪(claw)
(貴女を想ってrarara…… あの日を思ってI miss you.)
手放してしまえ迷いの糸玉(clew )

「さぁさ、此方 おいでませ」と 指揮者は鮮やかなwicker man
(高飛車なそのピエロ 高らかに今嗤う)
賽は高く天に投げられた 配役(ロール)は君のお気に召すまま
(貴女を想ってrarara…… あの日を思ってI miss you.)

I'm a cat, Yule Cat.  指先に絡む迷いの糸
(嘘つきな道化師の 素顔を見てみたいか?)
I'm a cat, Flaming Cat. 溜息が君の街を焼く
(needle needle rarara…… needle needle I miss you.)
捕まえられる? 猫追い共よ


wicker witch, wicker witch 誰かが中にいるの
wicker witch, wicker witch 鼠を追い出せ
wicker witch, wicker witch 愛したものを焼こう
wicker witch, wicker witch 今宵バッカスと


素顔を見せることだけが 愛だと信じてた
真っ直ぐな言葉 傷付けるばかり僕を封じたリトゥラット
(貴方の前では何時でも私は 綺麗なままで居続けたい
 外せぬ仮面(maske) 仮面(larve)へ変わって 燃え続ける喝采の火よ)
サルファーは燃えている


「さぁさ、此方 おいでませ」と 焼かれた黒猫が街を行く
魔女と仮に名付けてみても 冬まで瞳を輝かせる
諦めるが良い、猫追い共よ

手繰る糸の先に絡むは 答えも平らげたラビリンス
陶酔の中忘れてしまえ 置き去りにされたアリアドネ
(さぁ皆様ご覧なさい 愉快なパレードだよ)
(退屈な現実に 別れを告げてきたかい?)
(needle needle rarara…… needle needle rarara……)


君へ捧ぐ夏至祭(ミッドサマー) 猫追い共の若き白樺
賽は高く天に投げられた 手向けるマートルの花を焼く
(おいでおいでこっちだよ パレードにさぁようこそ!)

(もし君が望まない 《悪夢(ゆめ)》でももう構わない)
(needle needle I need you. あの日を思ってI miss you.)


最後にもう一度微笑んで

本業趣味の小説の掘り下げで物語っぽい曲作り。
ボカロさんには演劇とかミュージカルのノリで歌って貰ってます。歌って踊れる演劇ロイドを目指して、たまに女装とか男装とかさせてます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【高飛車なピエロ10】Flaming Cat

    by 有月 仮字さん

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP