あさきゆめみし 歌詞

投稿日:2015/07/04 17:12:23 | 文字数:446文字 | 閲覧数:7,158 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あさきゆめみし


ふらっと弾いて歌うだけ
思いの丈を煌めかせましょう
ふわっと舞って乱るだけ
幼気な心踊らせましょう
くらっと泣いて噎ぶだけ
寂しさの涙を零しましょう
くるっと向いて笑うだけ
冷めない煮凝りを掬いましょう

あぁ
繰り返しの味気のない日々が
跳ねるように輝いて

色は匂えど散りぬるならば
その花美しく咲かせましょう
我が世誰しも常ならむなら
その声を歴史に刻みましょう


ふらっと弾いて歌うだけ
伝えたい言葉は届かない
ふわっと舞って乱るだけ
靡かせた髪は整えない
くらっと泣いて噎ぶだけ
慟哭は誰も求めない
くるっと向いて笑うだけ
強がりの嘘は好きじゃない

あぁ
情緒のままに奏でた景色が
瞑る度に目に浮かぶ

有為の奥山今日越えながら
何時の日に聞いた音想い出す
浅き夢見じ酔いもせずとは
理を背にせど声は出ず

あぁ
振り返ると視界が滲むので
向こう見ずに歩き出す

色は匂えど散りぬるならば
その花枯れる日は種を蒔け
浅き夢見し青い心は
忘れぬように息吹の中で

もっと見る

▲TOP