紅い街(白く蠢く人々)

投稿日:2008/07/10 05:18:12 | 文字数:262文字 | 閲覧数:31 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ある日、ど田舎に住む一人の若者が都会へ行くが、
自分の話を聞いて貰えない事が幾たびもあった。
でも彼はめげないで、自分らしさを誇張しながら生きていこうとするお話です。
都会の人は無視してるわけじゃなく、興味の引くものではないと判断している感じが(白く蠢く)と言ったもののたとえ的変えている感じですが、詩の内容を説明する方が難しいですねorz
感じたままに見ていただければいいのかもしれません。
乱文、乱筆にて失礼致します。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

そこに行くんだろ
もう帰らないんだろ
行けよ!あの街に
何もない空っぽの街へ

俺は行く そして真っ赤に染める
そう、染めるなら派手に紅くする
俺にはそれしかない それしか思い浮かばない

どよめく人々がおどる
紅きやつが来た誰も知らぬ間に
見える人が紅く染まるフリをして
俺は黒くなる
やつらは相変わらず
白く蠢いていたー

RED!RED!RED!RED!
叫び続けて早 15年と4ヶ月
紅く染まらない白く蠢く奴ら
いつか俺はみんな紅くしてやるんだ!

RED!RED!RED!RED!
RED!RED!RED!RED!

よっちむです。

気が向いたときに、ちまちまと初音ミクさんを描いてます。

詳しいスペックは以下サイトで活動してます。
http://www.geocities.jp/yottimu/
(注!自作キャラサイトです。)
よかったら見てやってください。

最近の投稿は厳しいので要望があれば反応しますw

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP