華宵之夢

投稿日:2010/12/09 23:03:24 | 文字数:247文字 | 閲覧数:115 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

なんとなくで書きました。←
短いのは仕様

フレキシブル→柔軟
ノワール→黒
イノセント→白
エトワール→星
スペクトル→色
華宵之夢→かしょのゆめ・良い夢のこと

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[S]
音が消えた街 フレキシブルに 囁く闇
黒に溶けた夢 ノワールに 煌めく闇

[A]
光りに手を伸ばした 僕の手には 暗紅色の花が咲いていた
僕には あの小さな 糠星すら 眩しくて 冷たい滴が 落ちる

[B]
幽暗が僕を包み 暗紅色が僕を象る 冷たい滴が僕の存在を示す 拭ってくれる 温もりはない


[S']
音が消えた街 イノセントに 囁く闇
黒に溶けた夢 エトワールに 煌めく闇
僕は今日も 暗いスペクトルに染まった 華宵之夢へと堕ちていく

放置したり、投稿したりゆったりやってます

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP