堕天クラブ

投稿日:2016/10/16 12:49:18 | 文字数:552文字 | 閲覧数:746 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

堕天クラブは 今日でおしまいさ
不純な狂気と ベーゼを交わして
そこに着いたら 僕との記憶は
紫煙の様に 無くなってしまうよ

最愛の両目に 美しくあって欲しくて
どんな理想さえも 許したくないと思ってしまう

愛を縛っている 僕を殺して
容赦しないように そんな悲しい顔をしないで

僕の合図で 全ておしまいさ
これで今日から 晴れて自由の身だ
明日のランチは 何を食べようか
僕は知る由もない事だけど

どうやって僕らは ここまで来てしまったんだっけ
覚えてないのなら その程度のものなんだ

愛を縛っている 僕を殺して
罰に縋っている 敬虔な君に救済を与えるのさ

どんどん堕ちていく 最低な生活も
君と二人なら悪くはないと思っていたんだ
どうか泣かないで そいつは
明日を知らない君の中 生きてるから

愛を失ってしまった なんてこと考えはしないで
僕が出したクイズの 解答用紙が全部埋まるまでは

いっせーのせーで
(大体全部僕のせいで 最低だった君を消した
大概なんだ僕も君も 結局僕らは一人なんだ
大体全部僕のせいで 最低だった君を消した
大概なんだ僕も君も 結局君なんていなかった)

僕たちは分かっていた 分からない振りをしていたんだ
簡単に離れてしまうなら こんな思いはしないだろう?

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP