【応募用】Heliosphere

投稿日:2015/05/31 16:57:09 | 文字数:775文字 | 閲覧数:94 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

Kyanite様の楽曲に歌詞をつけさせていただきました。
http://piapro.jp/Kyanite
http://piapro.jp/t/pQYV

歌詞の一部(唄いだし)は、Kyanite様がイメージされていたものを使わせていただいています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

太陽みたい 眩しいキミの
笑顔が照らし出すこの世界
昨日から明日(アス)へ
今日からも駆けていけるさ
キミと一緒なら



雨上がりの町 水たまりを気にせずに
駆けてく キミの背中(セ-ナカ)を追いかけていた

どこまで行くのかな? 
君はちっとも止まりゃしないから
ボクは息(イ-キ)が上がるばっかりで

立ち止まる僕を振り返り キミは怒る
でもボクの手を握って また駆け出す
笑顔輝かせて


雲の隙間から こぼれる日差し
町を輝かしてく雫たち
キミの大好きな 大きな虹が
七色のアーチを描くよ

あの門(ゲート)をくぐればほら
新しい世界が待っている
キミとなら どこまでも駆けていけるさ
未来の端まで



大好きなものは 七色の絵の具
キャンバス 蒼空
大きな虹を描(エガ)いて

オレンジ太陽
碧い海辺に咲いてるひまわり
天にはひとすじ飛行機雲

夏の思い出は鮮やかに 色褪せない
いつでもキミは ボクの側に居たね
いつもその笑顔で



水平線から朝日昇れば
キミの一日(セカイ)がまた始まるよ
ボクにもまた キミと過ごす
新しい世界が始まる

太陽みたい 眩しいキミの
笑顔が照らし出すこの世界
昨日から明日(アス)へ
今日からも駆けていけるさ
キミと一緒なら




泣いてるキミの姿 ボクは知らない
だけどそれは強いからじゃなくて
辛いことも 悲しいことも
顔を上げて向き合ってる

泣きたい時はボクにも教えて
ボクがキミを隠してあげるから
今度はボクが キミにあげたいこのヒカリ・・・・・・


そうキミはボクのHeliosphere
世界を照らす出す太陽
ひとりだったボクの世界にも
ヒカリを届けてくれた

太陽みたい 眩しいキミの
笑顔が照らし出すこの世界
過去から未来
現在(イマ)からも駆けていけるさ 
これからもずっと

メンタル体力共に悪く、寝込んでる日々です。

趣味でダークファンタジーな小説書いてます。
色んな曲に出会いたいです。

H30/05
「小説家になろう」で、これまで書いてきた歌詞の基になった作品をぼちぼちやってます。

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    歌わせてみて気になったのですが,“そうキミはボクのHeliosphere 世界を照らす出す太陽…”のところは“世界を照ら『し』出す太陽”で良いでしょうか??
    誤記のような,そうでないような…どちらかなと思いまして。
    サンプルでは“世界を照ら『し』出す太陽”と歌わせています。

    2015/06/07 09:26:41 From  Kyanite

  • userIcon

    その他

    あれ~
    昼間に歌詞を直したい部分があったんだけど、どこだっけ?
    (そしてナンだっけ)

    2015/06/01 21:47:16 From  桑島ヨシカズ

  • Heliosphere

    by Kyaniteさん

▲TOP