「届かない… この手…」

投稿日:2009/10/06 19:41:13 | 文字数:277文字 | 閲覧数:104 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

どうもです!!
曲からは、なんか妖怪人間ベムの時を思い出しちゃって…すごく、ノスタルジックで、そして活気があるけど影もある…そんな印象を受けました。

歌詞の方ですが、初々しい女医(ルカ)さんが、末期の患者さんの急変の後の話。イメージは 相棒 pre season 3 より…。
なんか重そうですみません…。
お酒があるので、若干メイ姐さんがはいってそうな気配も(^^;

脳内イメージ重視なので、歌詞だけだと伝わりにくいかもしれません。動画とかその他の手段で補足してもらえればうれしいです。
あ。勢い重視なので、韻とかは気にしてないので…そんな感じです~(^^)

ではでは、良い楽曲が出来るのを楽しみにしてますですよ~(^^)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

今日だけは、少し酔わせて欲しいわ。
いつもなら、軽く呑んでるだけなのに…。

こんな、記憶へと、残る日はないわ。
やるせ…ない、ダメな自分を初めて感じた…。

消えて行く、今を馳せる灯火。
見届ける、瞳が…やけに穏やかで…。

わたしは、いったい、何をしてるのよ!
もっと…何か今まで、出来たのかしらなんて…。


これからも、こんなの、続いて行くのかな…。
だったら、今だけは…少し…(ごめんね…)。


こんな夜だけは、少し弱気で…。
受け止められない、やるせない気持ちが…。

抑えた心が、今にもこぼれ…。
誰にも頼れない…崩れて来そうだから…。

ミクでDTM復帰したので、最近のハイカラなDAWにはまだまだついていけてません…とほほ。
まだまだアレンジもヘッポコで泣けてきます…orz。

好きなジャンルは、80's, ユーロビート、ロック、ポップス、SmoothJazz などノリの良い曲が好きです。
ちなみに、ユーロビート系のカバーもあってか Wink の大ファンでしたw。
後は Swing Out Sister、Dead Or Alive、Miami Sound Machine、Nu Shooz、Heart、Martika、Jane Child、Earth Wind & Fire、Billy Joel、Arabesque とか、もう知っている人少ないだろうなぁ…。

逆に和風の曲とか演歌とかは…ちょっと苦手です。
後、あまりにもキーが高すぎるもの・イントロが長すぎるものもだめみたいです…ごめんなさいっ><

創作面で影響が強いと思われる方は、
「佐野元春」さん、「浜田省吾」さん
です、おそらく。
ティーンの頃仲間とギター片手に曲つくりあってましたが、その頃聞きまくっていたアーティストです。

それにしてもイラスト描ける人あこがれます!すごいです!
自分もペイントで絵を描いてみたところ…なにやら怪しげなクリーチャーが発生してしまいました…orz

しばらくは曲の方で…(^^;

そんな矢先になんと kaji さんが、ジャケ絵を描いてくださいました!!
うおおおおおおおおおーーーーー!!!!最高っ!!!

■syunkitさんのipodのPQRさんの楽曲のアルバムジャケ絵作ろうぜ企画
http://piapro.jp/a/content/?id=jy79kgr793go0vc5

うれしい~(^^)

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    いえいえ、こちらこそ狙いすぎたのかも…とか思ってたりします。すいませんです~。

    でも、ほんと素敵な曲に良い感じの歌詞が…やっぱりこういったメジャーマイナーというのでしょうか?そういった点が、すごいというか素敵ですね。

    動画も含め良い感じでまとまることを楽しみにしてますですお~(^^)

    ありがとうございましたです~!!

    2009/10/15 00:11:26 From  pqr

  • userIcon

    その他

    こんにちは、marokiです。このたびはご応募ありがとうございました。
    今回は沙飛さん作詞の「Night」が曲調と合っており、そちらを採用させていただきましたが、この詞は今回ご応募いただいた作品群の中で一番のインパクトでした。こういう詞は、正直言ってまったく思いつきませんでした。医者なのに…^^; でも非常に共感できました。
    ちょっと切なすぎたので見送らせていただきましたが、時間があったらいつかこちらも歌わせたいと思っております。
    このたびはありがとうございました!

    2009/10/14 21:55:43 From  maroki

▲TOP