A
強い武器や防具を持ってなくて
外に出るのが怖いんだろう?
いつか書いた幼い地図だって
押し入れにしまいこんでさ

B
「みんなのお手本」と言われるような
使い古されたレールの上
無理やり持たされた紙切れなんて
その手で破って捨ててしまえ

S
正しいことだけじゃきっと 生きてなんかいけないぜ
間違って躓いて膝を抱えて
君だけの手書きの地図に 他の誰かはいらないよ
決めるのは誰でもない自分自身だろ?
思い通りになんて行かなくていい
その方が退屈しないから

A
耳障りな言葉は聞き流そう
気にしたらきりがないだろう?

B
誰かが偉そうに指図をしては
世迷言ばかり口にしてさ
鎧や刀なんて必要ないよ
その手に握った紙(それ)が武器だ

S
綺麗なままなんてそんな うまいこといかないぜ
傷ついて傷つけて涙流して
嫌いなままで構わないさ 好きじゃなくて構わないさ
進むのにそんなこと関係ないだろ?
正しい答えなんて知らなくていい
その方がいろいろ見えるから

C
迷うことが 逃げることが
いけないことって教えられてきた でも
迷ってもいい 逃げてもいい
本当にいけないのは 何もしないことさ

S
正しいことだけじゃきっと 生きてなんかいけないぜ
間違って躓いて膝を抱えて
君だけの手書きの地図に 他の誰かはいらないよ
決めるのは誰でもない自分自身だろ?
思い通りになんて行かなくていい
その方が退屈しないから

さあ行こう 未来が待ってる!

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい

手書きの地図

「その地図は君だけのものだから。」

作詞/Kiduna
作曲/募集

閲覧数:747

投稿日:2014/09/08 20:57:33

文字数:624文字

カテゴリ:歌詞

  • コメント1

  • 関連動画0

クリップボードにコピーしました