はじめはきっと愛の色
愛おしくて儚くて
触れるのも躊躇うほどに
遠く見守る愛の色

いつしかそれは恋の色
狂おしくて激しくて
引き寄せて求めるほどに
熱く焦がれる恋の色

明けない夜のないように
冷めない恋はありえない
涸れない泉のないように
尽きない想いはありえない

恋の魔法はやがて解け
再び愛へと姿を変える
ただひとりへの執着は
昇華し世界へ向けられる

そしてたしかな愛の色
美しくて華やかで
触れるのが嬉しいほどに
幸せ溢れる愛の色

世界は静かに変異する
そこに言葉はいらなくて
ふたりがともにあればいい
ふたりが永久(とわ)にあればいい

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい
  • 作者の氏名を表示して下さい

恋愛変異

閲覧数:148

投稿日:2013/01/10 01:29:44

文字数:276文字

カテゴリ:歌詞

クリップボードにコピーしました