紅イ糸

投稿日:2010/07/11 21:02:28 | 文字数:431文字 | 閲覧数:90 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

テトオリジナル?楽曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

昔に読んだお話 シンデレラたち微笑む
憧れたのは   魔法のお姫さまなんかじゃない
夢は砕けて   私は一人取り残された
ただ平凡な愛情 望んだだけなのに

捨てられ、信じるもの、脆く崩れ彷徨って、
もう何も信じないからと あれほど泣いたのに恋するの?

あなたが愛してくれなくてもいい 
捨てられるのなら、愛されなくていいから
ただ、昔のように人を愛するそれができるだけでいい。

満たされることない愛 それはさびしいことでも
もうそれ以上傷つく  必要はないのだから
いまさら何を求める? 失ってしまうだけ
わかってるのにどうして求めてしまうのだろう?

もう一度信じていい?少女の夢物語
赤い糸結びなおして、つながっていること信じていい?

どうして、私は信じようとする?あんなに傷つき、泣いた。
それでも、あなたの前だと忘れてしまう。私が間違ってる?

少女が白馬の王子様を信じるように、
私もおとぎ話信じたい。糸で結ばれた二人が幸せに結ばれる物語を。

ミク・テトを中心に曲を作っています。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP