【初音ミク・重音テト】ほんとのきもち。【歌詞】

投稿日:2012/02/03 21:58:52 | 文字数:580文字 | 閲覧数:97 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

喧嘩してもふたりはつながっているんです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ミク:「ねぇ。」こんなにも遠いんだね。
   隣のあなたの席。
   私を残してあなた遠く笑わっている。


テト:「ねぇ。」そんな顔されたって
   絶対に許さないから。
   早く私の中から消えてなくなってよ。


ミク:「ねぇ。」そんなの不公平だよ
   私たち友達なのに。
   「ねぇ。」何度も許してきたこと
   あなたは許してくれない。


テト:「ねぇ、」そんな言い訳はいらない
   そりゃ、まぁ、そんなこともあった
   ねえ、でもそれとこれは今は
   関係ないはずでしょう?

ミク:「ねぇ」あの時やこの時も
   ごめんはもらってないよ。
   一人だけもらうなんて、
   そんなのわがままだよ?

テト:「ねえ」そんな風に私を
   悪者にしないでよね?
   いつも被害者みたいな顔はもうやめてよ。

ミク:でもあんなことをなんて言うなんて
   きっと私どうかしてた
   もし先に謝ってくれたら
   私も謝らなくちゃ。

テト:でも、こんなにあなたは
   ずっと我慢していたんだね
   もし先に謝ってくれたら。
   私も謝らなくちゃ

テト・ミク:ふと出会ったあなたを前に
      口からこぼれだした「ごめん」
      顔見合わせていつのまにか
      元通り笑っていた。

      二人はずっと友達

ミク・テトを中心に曲を作っています。

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP