平成最後の夏霞 朗読文

投稿日:2018/07/08 11:48:40 | 文字数:689文字 | 閲覧数:48 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ボーカロイドオリジナル曲、『平成最後の夏霞』の動画内に書いた朗読文です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あァ、今年も夏が来てしまった。
煩いくらいに鼓動が暑い。

かつて少年だった彼は思いを巡らせる。
あれはそう、平成最後の夏だった。

茹だるような夏の暑さとはこのことを言うのだろう。自転車の君は汗を拭っていた。

何でもない日常の癖して眩しい。
「ほら行くよ」と、君は徒歩の僕を置き去りにした。

そういえば誰かが騒いでいた。
今年は平成最後の夏が来るらしい。

だからといって、別にいつもと変わりはしないだろう。

いつの間にか訪れて、あっという間に過ぎていく。蝉の一週間よりも体感速度の早い季節。

一度しか切らないシャッターの中で、僕はどのように映ればいいのか。

スマートフォンの通知音が鳴った。
『交差点で待ってるね』

それでも、数年蟠った思いを告げる理由にはなるのかもしれない。


結局何も吐けないままに、端くれの日々を貪った。

斜陽が肩を照らして、陰って、握った。

こうして思い出に昇華されるのなら、それも悪くはないのかなって。

逃げ言だって笑うだろうか、未来の自分は。

上手くいかないのは、口を閉ざしてしまうのは、きっとこのクソ暑い夏のせいだ。

そうしてまた、振り出しに戻る。イカサマでもしない限り、賽の目は変わらないのに。

ああもう、耳障りだな。分かってるよそんなことは。

起き上がる、駆けだす、嘘吐き、愛して。


思い出話はこれくらいにしておこう。
とかく、一際暑い季節があったんだ。

その後どうなったかって?
それはまた、次の夏にでもさ。

ああそうそう、一つ言い忘れたことがあった。

これはただの、私の独り言なんだけれどね──

ボカロPです。まだまだ未熟者ですが、様々な刺激を受けて成長出来たらなと思います。

いくつかVOCALOIDオリジナル曲を投稿しています。よければ聴いてください
http://sp.nicovideo.jp/my/video

Twitter https://twitter.com/uizi_vc

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP