初恋のんちゃん

投稿日:2020/07/15 18:28:15 | 文字数:430文字 | 閲覧数:1,100 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

GUMI ver
初恋のんちゃん/Jille.Starz☆ Feat. GUMI
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37190432

BPM:94

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

初恋のんちゃん(Lyrics)

胸の奥にしまった とても小さな部屋
はじめてに触れるといつも あなたが訪れる

どうしてなぜかあの頃の
わたしは笑っているの
ただそばにいれるだけで
きこえるこいのうた

あなた今までどこにいたの?
逢いたくて瞳を閉じた真夏の空の下
手を握り駆け巡る日々は
あまりにも眩しくて
ちょっと かなしい

どうしてなぜかあの頃の
わたしは泣いているの
つらくて痛くて しあわせで
こぼれるこいのうた

あなた今ではどこにいるの?
逢えなくてすれ違う真夏の夜に
咲いて拡がり消えゆく光は
あまりにも儚くて
急に 愛しい

叶わなくても忘れない
その名前は 希望

あなた今までどこにいたの?
逢いたくて瞳を閉じた真夏の空の下
手を握り駆け巡る日々は
いつまでも輝いて…

あなたこれからどこへいくの?
醒めないで柔らかな真夏の夢の中
手を繋ぎあふれる笑顔は
あまりにも眩しくて
ちょっと かなしい

あまりにも儚くて
ずっと 愛しい

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 初恋のんちゃん(GUMILESS)

    by ジルドットさん

  • 夏の夜2

    by メガネのよしみでさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP