あなたがいない世界で【小説版】

投稿日:2010/02/02 19:17:39 | 文字数:1,034文字 | 閲覧数:445 | カテゴリ:小説

ライセンス:

 +ゆう+です。初の小説投稿!!
 今回は、初投稿した歌詞もどき
『あなたがいない世界で』http://piapro.jp/content/rg0tl9749dtjj5ocを小説にしてみました。

追伸:レン視点できました
   『君がいる世界【小説版】』→http://piapro.jp/content/y6xghaad9gr8adaw

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 「僕がいない明日も、君は笑っていて」

 ―――ねぇ、レン。
 あの雪の降っていた夜を、私は決して忘れないよ。

 ふと、空を見上げた。
 青い空を、自分の吐いた白い息が昇ってゆく。それを見てから、リンは
そっと自分の左隣に視線を移す。そして、誰もいないことを改めて確認し、
寂しげに目を伏せた。
 ――去年の今頃だったら…。
 いつも、左隣には『彼』がいた。自分によく似た顔、しぐさ…。どんなことがあっても、彼はいつも笑いながら隣にいてくれた。
 リンは胸に鈍い痛みを感じた。軽く胸を押さえた後、リンはひとりで歩いていった。

 小高い丘の上に立ち、リンは桜の幹をそっと撫でる。大樹は今は雪で白くなっているが、春になれば満開の花を咲かせた。
      「また春になったら、ここで一緒に桜を見ようね」
 そう、約束した。
「約束したのに、春は私ひとりで見ることになっちゃうね……。…レンの馬鹿」
 ぽつりと呟く。
 でも、誰かが返事をしてくれるわけではなくて。
 リンはしばらく樹を見上げた後、やがて帰路につき、誰もいない家へと帰って行く。それがいつのまにか習慣となっていた。

 リンは、春に咲く花が好きだった。夏の澄み渡る青空が好きだった。秋の紅葉で彩られた山が、冬の白くて綺麗な雪景色が好きだった。
 そして、そんなリンを隣で微笑みながら見守っていたレンが大好きだった。
『綺麗だね~!!雪が積もって、樹が白い花を咲かせてるみたい!!』
 真っ白な世界を喜んで飛び跳ねていた自分を見つめる、優しい眼差し。
『ったく。さっきまで、あんなに寒い寒いって言ってたくせに…』
 呆れたように言うレンに舌を出す。
『うるさいなー。レンのバカーっ!』
 そして、ふたりで顔を見合わせて笑う。それだけで幸せだった。
 今でも、目を閉じればあの笑顔が鮮明に蘇ってくる。それでも、その笑顔はただの記憶であって、リンは現実でレンと笑いあうことはもうできないのだ。

 年が明ける少し前の、雪が降る夜。レンは動かなくなった。
 泣きじゃくるリンの頭を優しく撫でて、ふっと微笑む。
 リンはレンの右手を握る。レンの右手から完全に温かさが消える少し前に言った、レンの最期の言葉。
『ねぇ、リン。たとえ僕がいない明日でも、君は笑っていて……』

 リンは窓の外へ視線を移す。
 外の雪は溶け、もうすぐ春が来ることを予感させた。
 リンは青空で輝く太陽の光に目を細め、優しげに微笑んだ。

ボカロ(特に鏡音レン)が大好きです!!
中学2年生の頃、姉貴にMEIKOの『悪食娘コンチータ』を聴かせてもらってからボカロに興味を持ち、その後『悪ノ召使』を聴いてレンが大好きになりました!!
歌詞とかイラスト中心にやっていきます!!ぜひよろしくお願いします!!

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    初めまして、ayuuといいます^^
    拝読させていただきましたっ!
    私、こういう話大好きなんですよ♪悲しいけれど、読んでいると心が温かくなりますね。
    ブクマいただきましたっ☆
    ではでは~♪

    2010/02/07 13:02:03 From  ayuu

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >ayuuさん
    メッセージありがとうございます!!やっぱり、誰かからのご感想は嬉しいです…☆
    来週にはこの小説のレンver.『君がいる世界』も投稿いたします。ぜひご覧下さい♪

    2010/02/07 13:38:05 +ゆう+

もっと見る

▲TOP