泡影のワルツ (ボツ)

投稿日:2020/07/12 07:00:14 | 文字数:393文字 | 閲覧数:33 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ほうようのわるつと読みます
夢幻泡影(むげんほうよう)という四字熟語からとりました

諸事情によりボツなので応募作品ではないですが、
気に入っているので投稿しまする

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空を占める幻 光る時を求めて
夢路をただ彷徨う 閉じた月の楽園

炉端に舞う木漏れ日 ひとつ灯る祈りと
一度きりの微笑みに すがる夏の囁き

踊るように 囀り合い
恋焦がれて 近付いても
その火照りをやがて人は忘れ

迫る数多の星 
揺れる二羽の運命が この手を離れてゆく 
炎に似た翼で
けぶる記憶の果て
朽ちて消える全てこそ 私のあえかなもの
夢が誘う楽園


咽ぶ子供のように
犇めく歌のように
束ねた愛おしさごと すがる夏の光年

結ぶように 口接け合い
諭すように かき抱いても
その鎖をやがて人は忘れ

眠る孤独の星 
永遠(とわ)の銀の回廊に 留まること忘れて
今は無垢の刹那を
花の帳の檻
朽ちて消える全てこそ 私の妙(たえ)なるもの
青く燃えたオリオン

巡る真綿の月
絶えず遠(とお)の輪唱が
この胸を染めてゆく
夢と消えた楽園

揺れて消える全て
果てて消える全て

雪凪、作詞やってるってよ。

基本的に歌詞募集曲に詞をにょろりと差し出すだけの妖怪です。詞もイラストも依頼はお受け出来ません(タイトルに作曲者様の名前を明記しているものが採用作品です)
アイコンなどのっけてる絵は全部自作。

作詞→群青堂様に投稿してます
http://l.gunjodo.com/yukinagi/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP