催花雨

投稿日:2011/04/02 14:04:10 | 文字数:287文字 | 閲覧数:132 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雨に濡れたアスファルト 無言の人びとが往き交ふ
水たまり 逃げ込んだ太陽は 踏みつけられ 壊れた

雨に煙る町並みの 硝子戸に映された ぼくの顔
空ろな目 見つめても うつゝなく
ぼくはこんな顔だったかな? 

いつからだらう 雨を厭ふたのは
濡れるだけなのに 傘にかくれて
土に靴 日射しに帽子
守られて ぼくは弱くなる

頬を撫ぜる東風 雨上がり洗はれた潮の香
穏やかな温もりも懐かしく
ぼくはどんな顔だったかな?

いつからだらう 君を厭ふたのは
ぼくと変はらない筈なのに何故?
風に外套 こころまで隠し
微笑んで ぼくは遠くなる

帰らうか 帰れるかな あの場所に

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP