【初音ミク】梟【ヨーラP】

投稿日:2016/11/27 17:35:12 | 文字数:232文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

とりさんのうた
その2

作詞 作曲  ヨーラP


Twitter
https://twitter.com/yola_music

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

憂いを帯びた恋はかげろう
消えそうな光は月のせい

ツバサ広げた僕は梟
あなたを見つけ出した夏の夜

あなたを魅せるなら闇夜が都合良い
涙も強がりも隠してくれる

僕にも分けて ひとくちでいい
唇の向こうの恋心を

遠い国の映画のように
僕にも魔法が使えたら
この世を黒に染めたい ずっと

あなたを愛せるなら 傍にいられるなら
夜が永遠なら こんなツバサは捨てよう

憂いを帯びた恋はかげろう
消えそうな光は月のせい

ツバサ広げた僕は梟
鳴き声が空しく朝に消ゆ

ベーシスト、ギタリスト、作詞曲家、ボカロP。
北海道出身。
本を読むこととラーメンが好き。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】梟【ヨーラP】

    by ヨーラPさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP