光の粒 【作曲募集】

投稿日:2016/12/08 01:02:43 | 文字数:409文字 | 閲覧数:25 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

寒い季節になると君と出会ったこと過ごしたあの日々のことを思い出してしまう。淡く切ない、過ぎ去った思い出の恋歌。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Aメロ
今年の冬は一層 寒さを感じるね
身を寄せ 手をつないで
確かな温もりを感じていた
狭い部屋を借りて それでも嬉しくて
他愛も無いことで笑い合って
それだけでいいと思っていた

Bメロ
躓くのは小さなキッカケで
そこからヒビが広がって
触れて壊してしまうことが怖かった

何時しか過ぎ去る日々に嘘をついて
君に「さよなら、」と言わせていた

サビ
風に撒かれ空を舞って
キラキラと輝いていた
忘れた頃に降る光の粒
懐かしい熱を帯びた
懐かしい熱を帯びた

Bメロ
君はもう二度と帰らない
それから日々が過ぎた
なおらないとわかっているけれど

思い出を引きずっていた僕も
やっと「さよなら。」といえていた

Cメロ
今では別の道を歩んでいて
それぞれの幸せを・・・ そして今年も

サビ
風に撒かれ空を舞って
キラキラと輝いていた
忘れた頃に降る光の粒
懐かしい熱を帯びた
懐かしい熱を帯びた
懐かしい熱を帯びた

ボカロアカペラですが動画投稿もしてはいます。(申し訳程度)

メロディが付いている作品は私の作詞方法によるものであり、作詞部分のみでイントロや間奏など全体のメロディー譜はございません。
あくまで歌っている部分はこんなイメージで作詞しましたというものです。

わがままですが、それに沿った作編曲をしていただけると幸いです。

楽器全般壊滅、歌好き(音痴)、作曲どうにかしてくれーっ!!
ということで作曲をしていただける方はもちろん共同で歌詞を考えてみたいなんて人も歓迎します。お気軽にお声をかけてください、お願いいたしやす。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 光の粒 自オリを楽器なしアカペラ即テキトー

    by 遠方の男さん

▲TOP