e-ro-ra

投稿日:2008/03/03 01:30:47 | 文字数:449文字 | 閲覧数:69 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

詞のようなものに初挑戦してみました。
個人的にKAITOしかよく知らないので、彼のことをイメージしながら書きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

早とちりなe-ro-ra 何のことだか解らない
それはそうでしょう
一歩違えば 様変わり
言葉はうたかた 儚い望み
知らない幸せ それもまた選択肢(みち)
知ったら戻れない 片道切符
けれど貴方が望むなら
からくり解(ほど)きに 差し上げましょう
ああ その前に おひとつ如何(いかが)?
淹れたてをどうぞ さいごのお茶会

花ひらき 鳥が舞う
風にのせ 響かせる 歌うたいの調べ
たったひとりのためだけに
命紡ぎ 歌を織る
日だまり連れてきた 唯ひとりのために


早とちりなe-ro-ra 何のことだか解らない?
それはないでしょう
一歩ずれてるだけのこと
知らない幸せ 塀から落ちた
知ったら戻らない 零れたミルク
貴方がどう思おうとも
からくり解(ほど)けば 逃げられません
ああ お茶の味 如何でしたか?
…遅かったですね おやすみなさい

花朽ちて 鳥眠る
月が落ち 日も暮れる 歌うたいの黄昏
たったひとりのためだけに
咲いた命 実った歌

─「アノ人」イナイノニ 歌ヲ歌エマスカ?─

KAITOの歌声たちに癒されながら、細々と生きております。
─ ─ ─

もともと字書きメインの人間ですが、我慢の限界を超えてKAITOを購入。(林檎のBookに入ってもらいましたw)
楽譜はド、レ、ミ…と数えるもの、音楽知識は小中学校程度、というレベルですが、自由にぼちぼち歌ってもらってます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP