イースターエッグ

投稿日:2020/02/25 18:59:00 | 文字数:378文字 | 閲覧数:90 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「イースターエッグ」

 春に会った私たちは、
 人見知りで、
 ただ、無言のまま立っていた。

 ふいに、
 目が合った時、

 どちらからともなく、

 イースターのたまごみたいに、
 恋に落ちたの。

 中身の見えない、生たまごの中身、
 吐き出したら、残った二人は、
 色付けした、たまごの殻。

 今日は、どんな服、着ようとか、
 メイクは、どうしよう、とか、
 迷って、互いのセンス、
 磨き合った。

 くるくるまわるように、まくがはがれて、
 われないように、つぶれないように、
 愛し合った。

 コツコツ、音がしそうな、

 骨が、ぶつかる距離で・・・。

 「ごめんね、私、ふかふかの、
 シフォンケーキに、まだ、
 なれなかった。
 半熟卵にも、完熟卵にも。」

 時計を持った、白ウサギが、隠れた茂み、
 幼いまま、止まった時間。

 ガーリーで、キュートな作品を目指したいと思います。
よろしくお願いします。

 

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    6号車です。
    「イースターエッグ」出来ました。よろしくお願いします。

    2020/03/08 14:05:39 From  6号車

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ありがとうございます。

    2020/03/08 15:49:51 pudding_

  • イースターエッグ

    by 6号車さん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP