9月【月下に愛でる】

投稿日:2016/08/04 22:01:38 | サイズ:3685x2409px(3,553KB) | 閲覧数:101 | カテゴリ:クリプトン公式

ライセンス:

間に合わせたー!
色々とギリギリでしたが、間に合わせました。
江戸小紋にするつもりだったのですが、時間の関係で断念。
MEIKOとレンの組み合わせって、あまり見ない印象でしたので描かせて頂きました。

レイヤーが統合できないトラブルに見舞われつつ、意地で擬似統合。
サイズも無理矢理合わせた感じになってしまいました……

9月【月下に愛でる】

忙しい合間に活動してますので、返事は超遅いです。
謎多き、病弱人物。もともと、ボーカロイドを購入した理由が「持病があるので、代わりに歌って欲しい」である。
おっとりとしていて、物腰は柔らかく、基本的に礼儀正しい。が、怒ると「自衛隊の鬼軍曹より迫力がある」(by元・自衛隊員)らしい。

滅茶苦茶底辺で、チマチマと歌を作る…一応、楽師。
伴奏らしき物は何とか作れる。(まだ勉強中!)
アカペラだけは、大量生産。
一応、歌詞・絵・小説もどきングにも挑む。
別サイトでは、勇猛なる黄色の剣のマスター役を担う。
アカペラ曲に、打ち込みが追い付かないのが現状。

◇◆◇◆◇

小劇場『起動する恋心』

 痛い。とにかく、痛い。
起動して、初めて知ったのは痛みだった。目の前は真っ赤でノイズが酷く、よく見えない。祝福を与えてくれる人も、言葉も無く、産湯に浸かるより先に知ったのは痛みだった。
そんなのアリかよ。
俺は、まだ起動したての頭で考える。
まだ、起動して三十秒しか経過してないってのに! あぁ…… 嫌だな。初めて見たのが、こんなに真っ赤な景色だなんてさ。痛いし、苦しいし、死ぬのか? 俺は? 何で?! 何でだよ! 俺、俺は! 俺は……!

生まれたい!

そう、強く願った瞬間だった。一滴の水が頬に当たった。
……! 水?
そして―――

「死なないで……」

声が降ってきた。柔らかく、温かな体温が宿る声色に俺は驚いた。
おん、なのこ?! じゃあ、今のは……
思い当たるのは1つしか無かった。



俺…のため…に……?
声と一緒に、温もりが俺を包み込んだ。必死に目を開けて、焦点の合わない瞳で少女を見ようとした。ボヤけて、ノイズの走る視界の中で、栗色の髪を持つ、青い瞳の少女が泣いている。

泣かな……

手を伸ばそうとした瞬間、俺の電池は限界を越えた。


修復が完了した時、研究員は紹介したい者がいると言った。
少女の姿を確認した時、一目で解った。あの時の少女だと。
「初めまして、刃音ヨクヤくん。私は、貴方の姉。操音九と言います」
衝撃が身体を駆けて、俺は、泣きたくなった。あの涙が嬉しくて、会いたいと願っていた。でも、願いは脆くも崩れた。俺達は、姉弟。絶対に、恋しては…いけない…

研究員の間で、聖母の噂が囁かれたのは丁度この頃である。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

  • チューリップのかわいい王女様のおっしゃること

    by たまらさん

  • 夏です!

    by 翔破さん

  • やってしまった…

    by 壱加さん

  • IMITATION BLACK

    by 春アキさん

  • Draw!

    by たわしめんたいこさん

  • 偶にはシリアスは如何です?10

    by 猫威さん

  • リンレン漫画

    by azuma08さん

  • 鏡音レン

    by xiaomaoさん

  • レンミク bubble

    by Nekuさん

  • ちょっとロードローラーが通りますよ

    by あさきさん

もっと見る

▲TOP