Triangle 中 レン視点ver

投稿日:2011/08/20 15:46:03 | 文字数:2,681文字 | 閲覧数:448 | カテゴリ:小説

ライセンス:

はい、長期戦おつかれです・・・。

長い事、長い事・・・・。
MAMI、俺をいじめる気かっ・・・!(泣)
レンきゅんが、若干ネタに走ってますwwすみません^^
どんなレンきゅんでも俺は好きだよ!←

お友達MAMI(http://piapro.jp/mami0903)とのコラボ作品です!
合わせてお楽しみあれ!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 







揺れる心。








<Triangle 中>










レン視点。










まだ心臓がドキドキしてる。
あー・・・。これでリンが振り向いてくれたらいいな・・。

なんて。

くさいな、俺も・・・///

気を紛らわせようと、携帯を開ける。
あ、そっか、今日初音にメアド聞かれたんだった。


あれは何だったんだろ・・。
ま、まさかなっ!そ、そんなことある分けないもんな!
でも少し期待してる自分がいたりなんとか・・・。


いや!違う違う!俺はリン一筋だ!!


そんなことを考えながら歩いていると、聞き覚えのある声が後ろから聞こえた。




「おーい!レンだろー!」

「あ、うん。そーだけど。」

「いや、お前今日はモテモテだったな!」

「は・・・///いや、あれは違っ」「言い訳はなしだ!」←

「それにお前さー。今日鏡音にジュース渡してたじゃん?」

「え・・・何で知ってんだ!?//」

「え、陸上部の皆知ってるけど?2828」

「う・・・・うそだろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

「まじだよ☆てへっ☆」

「・・・・・ああ俺も終わりだ・・・。」

「かっこよかったよ☆レンきゅん!」

「うるせええええええええええええええええ!///」

「じゃ☆おやすみ☆レンきゅん☆」

「・・・・・・・・・・・・・。(あいつもうだめだわ。)」







まったく今の中学生はどうなってんだか・・。

って俺もだけどww






「ただいまー。」







家に帰ると同時に携帯が鳴った。




宛:鏡音レン
件:ミクです!
―――――――――――――――
レン君、明日って暇かな?
もしよかったら、明日、私とどこ
か一緒に行きませんか・・?
嫌なら全然断ってくれて大丈夫で
す!!
返信待ってます^^
            ミク








まじか。
明日は陸上大会があるし・・・・。
じゃあ、それに呼んだらいいのか。


宛:初音ミク
件:Re:ミクです!
―――――――――――――――
メール有難う。
せっかくの誘いなんだけど、明
日陸上の大会なんだ。ごめん。
つまんないかもだけど、大会来
る?それなら大丈夫だよ。
場所は...



これでおk!


【送信】



すぐさま、また返信がきた。


宛:鏡音レン
件:ありがとう!
―――――――――――――――
返信ありがとう!!
大会、見に行くね。
じゃあ、また明日!!
        ミク





あああ・・・。大会は鏡音と二人きりでいれるかな・・・。とか期待していた自分が恥ずかしい。

ってことは俺やっぱ鏡音の事が好きなんだな・・。








ー当日ー








朝から今日は絶好調だ。


たった今会場についたばっかだけど、やっぱり大きい。

俺の番は最初の200メートル走。
ここは鏡音に俺のかっこよさをみせつけるチャンス・・・!←
っていうような事は考えている暇がなかった。





『位置について・・・パああああン!』



合図とともに走りだした。
スタートダッシュが上手くいった俺は始まりから終わりまでトップを保ち続けた。



一位。



走り終わったら爽やかな風がおれの髪をなびいた。
この感じが好きで走るのはやめられない。


鏡音の姿を探したけど人が多すぎて見つけられなかった。
そう思ってると、初音が青いツインテールをなびかせながらこちらに走ってくるのが見えた。


「お疲れ様!レン君!」

「あ、初音。ありがとう。」


『次は100メートル走です。選手の方はこちらにあつまってください。』


次は・・・あ!鏡音の出番だ!

「初音、座ろう。」

「うん。」





「位置について・・・用意パああああン!」


鏡音も速かったどんどん追い抜いて今は一位!

皆がもう鏡音が一位だと思った瞬間だった。




鏡音はつまづいたようで転んでしまった。



「鏡音!!」


きづいたら俺は叫んで、鏡音の元へ走り寄っていた。


「レン?!」

「・・・大丈夫?」

「だ、大丈夫だよ!!だから降ろして!!」

「足・・絶対大丈夫じゃないだろ。」

「う、でも・・。」



ひょいっ。




鏡音は俺の予想以上に軽かった。
「ぎ・・。」

「ぎ?」

「ギャアアアアッ!!!レンの変態!!!」

「へ、変態!?」

「気安くお姫様抱っこなんてカッコつけてんじゃないわよっ!」

「は、はぁ!?その足じゃ危険だからだろうがっ!!」

「無駄な心配しないでよっ!!」

「じゃ、降ろそうか?」

「うん!!今すぐに!!」

「ほい。」

「ほら、普通に歩け・・・・ッ」


やっぱり鏡音は一人じゃ歩けないようだった。
俺はニヤリと笑うと、



「じゃ、俺帰るわー。」

「ちょっ、何勝手に・・!!」

鏡音は「運んで」と目で訴えるように俺を見る。

・・・かわいい。ww

「しょうがないなー、お姫様。」

「ばっ、バカアアア!!」




そう言って俺は会場の陰の方までリンを鏡音を連れていった。


「今から、手当てするぞ。」

「レンにできるの?」

「お前、人をバカにしてんのか。」

「ゴメンゴメンwww」



鏡音の傷は思ったより深かったけど、俺の完璧な手当てのおかげで(!?)痛みはなくなったようだった。



「レンって意外に器用なんだね・・・。」

「意外ってなんだ、意外って。」

「さーせん。」





「だけど・・・ありがとっ!」




照れくさいような顔をした鏡音が笑顔で俺に言う。





・・・・惚れてまうやろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!





やばい・・・・。鼻血がっ・・・・。でてきそうだったが、でてこなかった。(幸いにも。)



はっ・・・。


時間!!


「ほら、早く行かないと顧問に叱られるぞ!」

「う、うん!!」


走る鏡音もかわいいです。


「大丈夫?」

「あぁ、うん。・・でもやっぱ大会はやめといたほうがいいのかなー・・。」

「まだ足痛むんだろ?やめとけ。」

「だねっ・・・。残念だけど。」










「俺がお前の分まで走ってやるよ。」





















黄色い子たちが大好物です(o´∀`o):.*

コメント・ブクマお気軽にしてやってくださいな!
待ってます^^

最近の生息地↓
http://www.pixiv.net/member.php?id=4732965

ブログ↓
http://music.ap.teacup.com/akinoki/
よかったら遊びに来てください!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP