リアトリスの花はお伽話と/初音ミク 歌詞

投稿日:2016/10/07 03:31:37 | 文字数:522文字 | 閲覧数:244 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【リアトリスの花はお伽話と】
作詞作曲編曲:UME

「君の知らない景色を見つけたよ。」
淡いあの日の記憶を抱え往く

(もう一度だけ夢を見させて 私と君のお伽話を)

最初からわかっていたの、これは夢だと
覚めないでと願ってもダメだったよ

描いたお伽話、早く読ませて
願うばかり 嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ

「屋上から見下ろした世界は案外狭い」と
笑ってる横顔が、私だけの大切な人よ

好きでいさせてよ好きでいたいだけ
君が私を映す理由を教えて
好きでいるから忘れず覚えてて?
私一人だけじゃ、この部屋は広いから

「君の知らない景色を見つけたよ。」
淡いあの日の記憶を抱え往く

知ったばかりの言葉で賢く見せる
君の姿を今でも覚えてる

最初に交わした言葉、覚えてるかな?
忘れてるかな 嫌だ×5

好きでいさせてよ好きでいたいだけ
君が私を映す理由を教えて
好きでいるから忘れず覚えてて?
部屋で膝を抱えて、思い出すの君との言葉

「二人の物語、世界で僕と君だけだ」と
笑ってる横顔を思い出す度泣きそうよ

好きでいさせてよ好きでいたいだけ
君が私を映す理由を教えて
好きでいるから忘れず覚えてて?
私一人だけじゃ、世界を切り取れないの

詳しくはOver Forteでググれ。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • リアトリスの花はお伽話と_オフボーカル

    by Over Forteさん

もっと見る

▲TOP