陽だまりの蝶

投稿日:2020/12/11 03:19:18 | 文字数:420文字 | 閲覧数:253 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

カナさんの曲「歌詞募集」に応募しようと思い、昨晩から書きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真夏の小川の冷たさや
雪融けに開いた花の色
君がくれた居場所は
冬の陽だまりみたいだった

不器用な二人は
錆びついた日記の鍵穴のように
少しぎこちなくて
気づけなかったんだ
大切な温もりの大きさ

こんなに遠く離れて
やっと やっと 今更
あなたの瞳(め)を見れた気がした
もっと思い知らせて
私のことを忘れないでいて まだ

凍てついた心の端を
温かな感情が伝う
冬に迷い込んだ蝶は
憩う 陽だまりの花

進む道の先に求めたものがあると
心の声を我がままと塞いで
苦しくて逃げ出すことも選べないで
本当に欲しかったのは…

もう この手にあった
心から安らげる場所
ありがとうも ごめんも 大好きも
言える人がいる

窓の曇り 指でそっと虹を創る
今にも零れ落ちそうな雨
さよならも 思い出も 涙も
希望に薄らいでいく

けれど あなたと笑い合った日々が
私の陽だまりだったこと
幾度 春を迎え
冬を越えても まだ
憶えている
愛する人

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/17

もっと見る

▲TOP