Cssini 歌詞

投稿日:2017/10/07 18:20:30 | 文字数:319文字 | 閲覧数:175 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

初音ミク曲「Cassini」の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Cassini


暗い空、点々と光る星が標す
手のひらに触れたのは、誰も知らない記憶
気が付けば生まれた世界からずいぶん
遠い場所に来てしまった
惑星が回るように僕と共に観測してた軌道

僕だけじゃあまりにも広すぎた空間
重力に逆らえずに周る衛星のように
見上げてた幾重の輪、嵐の推移
故郷で見たような雨と海の世界を

「聞こえる?群青の惑星へ…」
最後の言葉は届いたのかな

人々が描いた沢山の夢と希望は
この小さな背中じゃ抱えきれないくらい
たった一人で歩んできた長い長い道はもう
見えないくらい遠く遠くなって
手を伸ばした大気は世界が知らない色で
高速のまま最期を迎えても
記憶に焼いた、途切れない輪を見上げたまま
さぁ、今還ろう

ボカロ曲とか投稿してました。
再開したいなー

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP