【曲募集】鬼やらい百恋歌

投稿日:2016/06/23 19:12:51 | 文字数:678文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

君と手を繋いでいたい。
いつまでも、いつまでも…

江戸の町娘の恋心を書きました。
まだ、妖怪が信じられていた頃の人の暮らしには妖怪が必ずいるというテーマも入れつつ、切ない乙女心を表現してみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
お嬢ちゃんこっちを見てみよし
愛想を尽かした鬼がいる

指切りげんまんで約束しよう
ずうっとここに隠れていると

B1
夢の中で枕返しが
淡い恋をせせら笑って
胸に焼き付いた君の笑み
忘れられずに

S1
美しい空の碧と滲む
小川に浮かぶ刹那
桜の舞う春のうららの
遥か たゆたう心

綿帽子の白に見え隠れする
切なき恋の唄よ
マヨヒガの如く一瞬に
融けてゆくのでしょうか


A2
お嬢ちゃんあっちを見てみよし
君を揺さぶる月に住む桂男(ひと)

後ろの正面はどなたかしら
ぐるに結ばれた深紅の絲

B2
ふっと振り返るその先に
ちらり覗く以津真天(いつまで)の声
君を想い続けていたい
「いつまでも、いつまでも…」

S2
夕暮れに出逢う橙色
私の心照らす
綿毛の舞う春のうららの
遠く 乙女の願い

花嫁行列の進む道は
清らかな恋模様
お日様(さん)の差す雨降りの日は
夢うつつ君描く


B3
夢の中で枕返しが
淡い恋をせせら笑って
繋いだ手の君のぬくもり
いつまでも、いつまでも…

S3
美しい空の碧と滲む
小川に浮かぶ刹那
桜の舞う春のうららの
遥か たゆたう心

花嫁行列の進む道は
清らかな恋模様
お日様の差す雨降りの日は
夢うつつ君描く

LS
夕暮れに出逢う橙色
私の心照らす
綿毛の舞う春のうららの
遠く 乙女の願い

綿帽子の白に見え隠れする
切なき恋の唄よ
マヨヒガの如く一瞬に
融けてゆくのでしょうか

ツイッター始めました@ramillllin

【曲募集】の歌詞、よければ拾ってやってください。※作曲前に必ずメッセお願いします。

お手伝いさせて頂いた曲↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/43562888

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP