鎌を持てない死神の話 1

投稿日:2010/02/24 17:16:05 | 文字数:317文字 | 閲覧数:972 | カテゴリ:小説

ライセンス:

私が好きな曲の一つ、「鎌を持てない死神の話」の小説です。初めてなので、変な所があると思いますが優しく指摘してくださると嬉しいです。
この話の中で、『鎌』が出てきますが、私は鎌を擬人化して出す予定です。
一応擬人化した鎌はルカとミクです。
なお、作中に出てくる少女と少年はそれぞれリンとレンだと思って下さい。

追記:何かブクマで繋がってる所が気付けば12も・・・。
これってどうなってるのか分からないのですが・・・。わ、悪い事じゃないんですよね・・・?何か不安だ・・・。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「・・・誰、貴方?・・・・・・・・・へぇ、そう。貴方、死神?なら、今すぐに私を殺しなさい。
・・・・・・・・?私の言う事が聞けないの?」
少女は目の前に立っている、黒いローブに身を包んだ少年を少しだけ睨んだ後、ハァ、とため息をついた。そして、再び少年を睨むと、先程よりも大きな声で叫んだ。

「死神様って融通が利かないのね!」


全く・・・、とぶつぶつ小言を言っている少女に、少年はただ、黙っていた。
少女の目の前にいる、その少年は――『死神』

あらゆる命の期限を知る者です。ただし、自分では生き物を殺しません。
――殺せません。
実際に殺すのは、別の実行者――『鎌』達。

退屈な死神は、人々に紛れて、生活してみる事にしました。

 lunarと言います。全くのド素人ですが、よろしくお願いします。絵も描きますが、載せ方が分からないので(←)しばらくは駄文のみになるかと思います。
 因みにlunarは“ルナ”と読んで下さい。英語的な本当の発音は“ルーナ”らしいですけど。




 










 私事ですが、アメブロ始めてみました。

 http://ameblo.jp/pkmn-vcl-th/ 

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして。拝見させて頂きました。
    「鎌を持てない死神の話」。
    あのやるせない、どうしようもない、救いしかない世界が私も好きです。
    作中のリンレンは、原曲の中のリンレンと同一なんでしょうか?
    今後の続編を楽しみに待たせて頂きます。頑張って下さい。

    2010/02/27 12:53:39 From  planetype

  • userIcon

    メッセージのお返し

    はじめまして!・・・わわ、メッセージ有難う御座います!・・・まさか来るなんて・・・(失礼
    はい、リンとレンは原曲のリンレンと同一です。
    最後に名前出す予定です(ザ・ネタバレ
    今テスト中なのであまり出来ませんが(のクセして今PCやってるという)頑張ります・・・!

    2010/03/05 22:24:07 lunar

もっと見る

▲TOP