ぼくらはいつもこうやって

投稿日:2011/09/24 16:40:18 | 文字数:168文字 | 閲覧数:66 | カテゴリ:その他

ライセンス:

詰め込んでみたので記してみる。

ただ~流れる時
までが曲で言うなら1A
ここはその場の空気感
何を喋ったとしても言葉には表せない。
表すなら空白。

傲慢~自由はまた
までが2A
言葉に出すときは誰しも話を盛ったりする。
その返答を返す時にも困惑したりするはず。
言葉を発するというのは分析するため困惑するはずです。
その中で相手と僕の中にルールが有る。
同じ方向がある。
何にしろ自由というものはルールがあって成り立っている。

ぼくらはいつもこうやって
が、1B
これは繋ぎで何となく不思議さとキャッチーな言葉だと思ったので。

小さな~終わらない
がサビ
一人では何も出来ない。
異性関係でも、同性関係でも人間は誰かと関係する。
大人数ではなく、相手と自分。
難しくは無いはず。
だけど出来上がったパズルのように絶対に合わさることはない。
分かり合ったと思っていても完璧じゃない。
だからそれは続いてく。

あとは、寂しい時は人肌恋しいって意味もあるますね。

いろんな意味で読み解いてほしいですねwww

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ただ一言表現するのだとしたら
僕は『』を空白で埋めるだろう
多くはいらない
必要なのはそこに流れる時

傲慢だとすればそれはまさに
会話をした瞬間の心の歪み
定められたベクトル
隔離された自由はまた

ぼくらはいつもこうやって

小さな隙間を埋めていく
それは温もりか希望か
基準は君と僕
ただ単純なんだ
まだパズルゲームは終わらない

作曲家になりたいがまだまだ腕がない…
DAW駆け出しですがよろしく!!!!!!!!
自作音源+デモ
http://www.myspace.com/1004943499

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP