KAITOの種3(亜種注意)

投稿日:2009/02/11 03:23:28 | 文字数:1,284文字 | 閲覧数:770 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

やってしまいました。
期待して下さってた方々、マジですみません。
氷KAITO、もはや別の生き物です。

何故こんなことになったのか、誰か教えてくれ!!←
ついでに氷KAITOの愛称も教えてくれ!!
呼びにくい!!←



兄さんを拾ってあげて下さい
http://piapro.jp/content/?id=xi7af0weblha48t0&piapro=272ca3bf6b4a84d9bbf7d891f34cd950&guid=on

兄さんを育ててあげて下さい
http://piapro.jp/content/?id=aa6z5yee9omge6m2&piapro=f87dbd4232bb0160e0ecdc6345bbf786&guid=on



4:50
急所に当たった!
霜降り五葉に1万のダメージ!
霜降り五葉は倒れた。

………マスターの一人称は出さないって決めてたのに…

2月12日 1:04
ちょww氷菓イトwww
吹いたじゃないかww
コカイト…コカ…………
ああでもひょうかはカッコイイかもしれん。
うーむ………(模索中)
よく思いつきましたね。
ありがとうございます!!

2月12日 22:18
また吹いたwwwww
賛成ありがとうございますw
じゃあ氷菓イトと書いてヒョウカイトでww
さぁ本編でなんと呼ぼう。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「みーっ!」

………何だこれは。

昨日カフェモカKAITOを洗っているときにふと思ったことを実践してみた。
氷にKAITOの種を植える。
結果……生まれた。
カフェモカKAITOよりも小さく、カフェモカKAITOよりもよく動く、何か。

「み?」

……み?
氷KAITOはさっきから「み」としか言っていない。
まさかそれしか言えないのか?
同じKAITOの種から生まれたカフェモカKAITOは一応喋れるぞ。
やはり氷では勝手が違うのだろうか。
色も不思議だ。
物凄く薄い青の髪。
透明に近い銀のマフラー。
…いや、正確には銀でもない。
透明なのだ。
たまにラメが光を反射するようにキラキラしている。
白でも銀でもない、透明なマフラー。
どこと無く氷を連想させる。
氷カラーなんだろうか。

「みっ、みっ」

氷KAITOはカフェモカKAITOに何か話しかけている。
頷いているが…本当に通じているのか?

「…マスター」

……なんだ?

「アイス食べたい…」

…それはお前か?こいつか?

「……俺も食べたい、です」

どうやら氷KAITOが言ったらしい。
氷から生まれたくせにアイスを要求するとは…流石と言うべきか。
だが昨日風呂に入れたあとカフェモカKAITOと一緒に食べてしまったせいで、今は無いのだ。
伝えると氷KAITOは目に涙を溜めてこっちを見つめてきた。
こっちの言葉はわかるのか。
…なんて感心してる暇は無い。
どうにかしなくては。

「マスター…」

俺にどうしろと…。

「大人しく、してます……昨日のも…我慢…します。だから……」

…カフェモカKAITOがこれ以上大人しくなっても困るだけなのだが。
無表情で懇願するカフェモカKAITOの横で氷KAITOは今にも泣きそうになっていた。
仕方がない。買ってくるか。

外は雨だった。
傘を差しながら家までの帰り道を歩く。
バニラにチョコ、ラムレーズンにチョコミントにカフェモカ、それから…何を買っただろうか。
とりあえず売っていたやつを適当に買いあさったのだが。
何が食べたいのか聞いておくべきだった。
しかし重い。
アイスだけのはずなのに、重い。
袋と一緒に傘を持ち替える。
あれ?
道路の向こう、箱が置いてある。
なんだあれは。
箱に何か書いてあるが、雨で視界が悪く、見えない。
近づこうにも道路の向こうで、この辺りに向こう側へ渡る道はない。
…ガードレールを乗り越えればいけるが。
箱の中が見えないかとガードレールギリギリまで近づく。
丁度その時だった。
誰かが箱に近づき、手を伸ばした。
その人が箱から出したのは…KAITOだった。
カフェモカKAITOよりはでかいが、小さいKAITO。
衝撃を受けた。
この雨の中震えていたのだろうか。どれだけ辛かっただろう。
あまりの事に唖然としてしまった。
しかし次の瞬間、KAITOの表情が変わっているのに気づいた。
笑ってはいない。だが、泣いてもいなかった。
KAITOに手を差し延べた、その人に抱き抱えられ、静かに目をつむっていた。

自分の辞書には「自重」とか「遠慮」などの言葉が欠けている様です。


素敵なアイコン画像を予感子様からいただきました。
兄さん必死です。
ありがとうございましたー。



・思い出とオルゴール後書き
ここまで閲覧いただき、ありがとうございます。
何故ここに書いたかといいますと、あの場に余計な文を書きたくなかったのです。雰囲気を大事にしていたので、それを壊すことはしたくありませんでした。…まぁ壊れる程雰囲気が出ていたかわかりませんが。

このお話は所謂死ネタというものです。文をぼかしていますが、最後は二人とも亡くなっています。
始まりで作者である自分が「KAITOと種KAITOの違いを追求した一つの結果」と言いました。まさにその結果がこの終わり方です。
種KAITOは生きている。KAITOは生きていない。これがこのお話の大前提です。
だから種KAITOはマスターが死んだ後、天国まで追いかける事が出来るのです。

KAITOの亜種というからにはKAITOに似ている部分、KAITOと違う部分、両方ある筈だと思っていました。アイスが好きなところ、顔が似ているところ、マフラーをしているところ。皆似ています。
では違いは?と考えた時に先に述べたあの考えが出てきました。性格に関しては元が性格あるものではなく、それこそ好きな性格を創造出来るので省きました。うちの子設定とかありますしね。
そのほかにも違いはあると思います。成長すれば大きくなりますし。

自分の中で種KAITOは死ぬと霧散します。アイスから生まれたので最後は溶けてなくなるのでは、と思ったのです。
そしてもう一つ、マスターが死んだら種KAITOも死んでしまいます。
…この設定については「KAITOの種シリーズ」でいずれ出そうと思っています。

長々書きました。すみませんお喋りで。
いずれ修正して投稿し直そうと思っています。自分にとって大切なお話なので完璧にしたいのです(笑)
タグ、コメントありがとうございました。
特にタグは思い入れのある話なのでいい話と言われて嬉しかったです。…最後、ああなってしまいましたが、いい話だと思っていただければ幸いです。
まだまだ語りたいことはありますが、そろそろ失礼致します。
次はいつもの通り書きたいです。それからもうすぐチャラい種KAITOことモノの話を書きたいですね。…挑戦状の締切が迫っています(笑)

ここまで読んで下さって、ありがとうございました!

もっと見る

作品へのコメント4

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    りくか様
    よ…よかった……受け入れてもらえて……
    「み」しか喋れない。ホントに勇気いりました。
    凄い緊張してました。大丈夫だろうかなんて…
    あ、後は本家様だけだ…怒ってらっしゃらないだろうか……ガクブル

    養子ww
    見た目に騙されちゃいけませんよw
    氷KAITOはまだ出てない設定がありますからねwww
    ……またあげる時震えなきゃ…

    どうぞどうぞ。
    モカイトも氷KAITOも大変絡みにくいやつですがいいんですか?;
    でもいつかお喋りさせてみたいです。


    閲覧&コメントありがとうございました!

    2009/02/11 17:09:10 From  霜降り五葉

  • userIcon

    ご意見・感想

    五十音ツヅル様
    氷KAITO…やっと書けました。
    アリですか?よかったです。
    あれ?書かないんですか?←
    何なら氷KAITOプレゼントしまs(ry

    名前はモカイトよりどうしようもないです;
    考えて下さりありがとうございます。
    ありがたく候補に入れさせていただきます。

    漫画の方は是非本家様に言ってあげて下さい。
    でもやはり泣いてる兄さんが可愛いと思ってしまう…。

    拾われた子…また出るんですかね?←
    ああでも霜降りの頭なら出そうだ…
    KAITOの数……種から生えるなら相当いそうですね←



    閲覧&コメントありがとうございました!!

    2009/02/11 12:53:19 From  霜降り五葉

  • userIcon

    ご意見・感想

    城様
    か、可愛いですか!?大丈夫ですか!?
    実はものすっごく怖かったです。
    「みー」はありなのか、って。
    あ、どうぞです ノシ 三[氷KAITO]
    髪はつやつやしてそうですよね。
    歩く度、艶、あふr(ry
    KAI氷、城様が絵にしてくれるの待ってます←
    こう…山のようにちっこい兄さんが……

    URL貼ってしまいましたがお咎めないのでこのままにしますね←
    いつでも拾いますよ!

    呼び捨てGJです。
    だってあの子…ちゃんも君もつけにくいじゃないですか。
    自分は震えが止まりません(氷KAITOが大丈夫か的意味で

    のんびり書いていきます。
    また気が向いたら来てやって下さい。


    閲覧&コメントありがとうございました!

    2009/02/11 04:43:06 From  霜降り五葉

  • userIcon

    ご意見・感想

    みーって!みーって…!!
    可 愛 す ぎ る w
    その子ください!←
    触ったら凄くつるつるしていそうですね…。
    そして氷でも生まれるKAITOの種の生命力が素晴らしいw
    かき氷ならぬKAI氷とか浮かんだ私にネーミングセンスをください…。

    ちょ、ウチの子の部分が思ったより長いw
    拾ってくださりありがとうございました!

    モカ(呼び捨て)が笑ったところを想像するとニヤニヤが止まらなくてどうしようw
    どう成長していくか楽しみです!
    続きのんびりと待ってますね。

    失礼しました!

    2009/02/11 03:58:39 From  白雪だるま

もっと見る

▲TOP