まるで歌っているような
精緻なつくりの置き人形
村一番の職人の
死んだ娘の生き写し

想いを込めた人形は
星に願いをかけずとも
娘の愛した童謡を
教わらずとも歌い出す

ひとり残った職人に
やさしい歌を繰り返す


歌う娘の人形の
祟りにおびえた村人は
無理矢理小屋から運びだし
村の広場で火にかけた

歌しか歌えぬ人形は
それでも歌を歌うのみ
娘の愛した童謡を
何度も何度も繰り返す

悪夢のような火が消えて
いつしか歌も消えていた


村一番の職人は
失意の中で嘆きつつ
忘れられない想いから
ただ人形をつくるだけ


歌う姿に作られて
歌う力を手に入れた
罪なき娘の人形の
よくある悲しい物語

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい
  • 作者の氏名を表示して下さい

歌う人形

閲覧数:135

投稿日:2013/01/10 01:24:14

文字数:299文字

カテゴリ:歌詞

クリップボードにコピーしました