カラレス

投稿日:2010/11/04 04:59:54 | 文字数:227文字 | 閲覧数:404 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

目を覚ました君が笑う
何もない退屈な舞台が今日もまた幕を開ける
暗く狭い塔の中に
閉ざされた空白の世界はやさしくて

何か知らないふりをした
忘れないから目をそらすんだ

いつでも君の真似ばかりしてる
僕は気づいていない

光の届く窓から街は見えなくて
どこにもここはないと知る
風を知らない僕らは息がしづらくなって
どうしたらいいかいつもわからずいた

涙を流す君を見た
なぜだか頬がつめたくて

本当はずっとずっと憶えていた
君の名前
風が吹く僕の街

mail → minami.yuni@gmail.com

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP