【歌詞】Summermonster

投稿日:2013/08/19 00:13:42 | 文字数:565文字 | 閲覧数:98 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ぼ、ぼくのまいりすと!
http://www.nicovideo.jp/mylist/33538947

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

起きたらまず最初にやることは
顔を洗って歯を磨くんだ
何か外でやることが有るわけじゃないけど
青い空ボクは吸い込まれて
そのまま外に出てしまった
コンクリートの熱が肌に伝わり

風が吹いたら世界は変わり
暑いだけじゃないこの夏が
喋りかけているようにボクを
包み込んで

今年も夏の怪物が
いつの間にか現れてんだ
そしてボクの背中を押して
そこに現れたキミはとても美しくて美しくて
こんな夏も悪くないななんて思った

汗が頭から頬に流れて
強い陽射しが反射している
追い打ちを掛けるかのように
かげろうが浮いてる

セミの鳴き声が響き渡り
ぐるぐるぐるぐるまわってる
聴覚さえも奪っていく

キミの声だけ涼しそうで
ウザいだけじゃないこの夏が
自分のすべてを変えるように
駆け抜けた

今年も夏の怪物が
いつの間にか現れてんだ
そしてボクの背中を押して
そこに現れたキミはとても美しくて美しくて
こんな夏も悪くないななんて思ったよ

夜の空に一つの花火
最高に明るい光が
その瞬間 世界はかわり
ボクとキミだけになった世界
今だけは時間よ止まれ
ボクの願いよ叶ってくれ
そしてボクの夏が

今年も夏の怪物が
いつの間にか現れてんだ
そしてボクの背中を押して
そこに現れたキミはとても美しくて美しくて
こんな夏が一生続けなんて思った

高校生ボカロPです。18歳のぴちぴちぴかぴかボカロPです。まだまだ未熟ではありますが、よろしくお願いします。

twitter:tametory
skype:sakebeP
mail:tametory@yahoo.co.jp
マイリス:http://www.nicovideo.jp/mylist/33538947

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP