Inferiority

投稿日:2018/08/26 13:47:13 | 文字数:617文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

変わる変わる心に突き刺さる
褐色の針達を帳に閉じ込めて
恐る恐る目玉を突き刺して
見えぬ見えぬ聞こゆで呂一つに混ざる

じわりじわり這い寄る赤銅に
翳る中黄までにため息をついて
霞み霞む先には暗黒卿
癒えぬ癒えぬ黄鼠も呂に混ざって

廻り廻るのは
きっと僕の方でさ
胸からの泥で息が
詰まりそうなんです

だから嫌いなんだ 君が嫌いなんだ
近寄んないでってわかんないの
もう少し酸素に酔わせてよ
遠く空の彼方で
だって嫌いだから 君が嫌いだから
耳障りなんだわかってよ
少しでいいから一人にさせて

カタカタ鳴る置時計
響く針の音が皮膚を震わして
厭々に蜜を吸って
消えぬ消えぬままに呂に混ざって

巡り巡るのは
同じ変わらずだけ
甘いだけの果実なんて
もう沢山なので

だから嫌いなんだ 君が嫌いなんだ
自己肯定への最短経路
ここに準う掻痒感も
遠く空の彼方へ
だって嫌いだから 君が嫌いだから
酩酊感さえも忌まわしい
少しでいいから一人にさせてよ

だから嫌いなんだ 君が嫌いなんだ
ねえ嫌いなんだって聞いてんの
ああいつもそうだ僕の声は
遠く空の彼方で
だって嫌いだから 君が嫌いだから
ねえ嫌いだからわかるでしょ
少しでいいからさ

だから嫌いなんだ 君が嫌いなんだ
近寄んないでってわかんないの
もう少し酸素に酔わせてよ
遠く空の彼方で
だって嫌いだから 君が嫌いだから
耳障りなんだわかってよ
少しでいいから一人にさせて

・プロフィール
○校に通っている学生です。
ニコニコ動画で作曲させてもらってます。


Twitterとかで気軽に絡んできてください!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • Inferiority(On.Vocal)

    by Saltlessさん

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP