どうせ

投稿日:2021/05/21 09:23:40 | 文字数:460文字 | 閲覧数:21 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

今日も土砂降り模様の雲に覆われたままで
傘を忘れてしまったみたいに

もう二人の距離感も当たり前になり始めて
憂鬱な退屈に慣れ始めている

きっと間違えた
二人の行方は

どうせ、そんなしょうもない言葉で愛を紡いでいたって
どこかでボロが出る 君の事だから
そう、これを優しさと言うなら
もう終わらせてしまえば良いのに
そんな事に勇気が欲しくなくて


もうあの日の体温なんて何処にも感じないから
余計に想い出を抱きしめてる

そう嘘を吐く癖も今更治る訳ないから
それさえも愛せるようになりたい


もうやめた
「君のことだけで幸せになれる気がした」
どうせ戯言でも良いよ

君もそんなしょうもない嘘で愛を語るようになったね
どこかでボロが出る 君の事だから
そう、それを優しさと言うなら
もう終わらせてしまえば良いのに
そんな事に勇気が欲しくなくて

もういっそこんなしょうもない嘘で愛を紡いでいようか
どこかでボロが出る 二人の事だから
そう、これを優しさと言うなら
灯火が消えないように
見えない明日を夢見ていよう

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • どうせ (feat.重音テト)

    by 新庄鷹史さん

▲TOP