殺風景 歌詞

投稿日:2014/03/30 18:23:13 | 文字数:469文字 | 閲覧数:1,398 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

UTAU松田っぽいよオリジナル曲「殺風景」の歌詞です
ストーカーっぽいのを書きたかった

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あなたはいつだって笑顔を振りまいてる
僕に向けられてたそれも義務みたいなもんだろう
平凡過ぎるほど聴き易いその声は
左耳にあった鼓膜を悪戯に揺らしてた

あぁ 何故だろう
そこにあったはずの 香りも消えてく
二人だけの時間なんて来ないまま

期待して 裏切って またあの夢の続きだ
届かない背中を追いかける
伸びた小指の爪も くたびれた髪も
ただずっと 愛しくて


ありがちな言い訳も上手くできないようで
焦って頬をかく癖を今でも覚えてる

隠さないで どんな嘘だって全部見えるから
無駄な足掻きなんてやめて 逃げないで

穢れきった願いでも 歪んだ感情でも 構わない
その笑顔をいつも見ていたい
遠い後ろ姿じゃ あなたの声さえ
聞こえない そうでしょ?


覗くその言葉から 全てを知ってしまいたい
見えた表情も全部 数えて 並べて
笑顔も声も癖も 全部覚えてる
今もずっと 見ているよ

知らない扉の向こう あなたがそこに居るんだ
僅かな隙間から見える殺風景
遠い後ろ姿じゃ 僕の想いさえ
届かない だからね

今もずっと 見てるよ

よろしくお願いしますm(_ _)m

もっと見る

▲TOP