既望に満ちたオルゴール

投稿日:2013/09/13 19:27:43 | 文字数:291文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夢と埃にまみれたオルゴールの旋律
君と会えなくなって幾年もそのまま

どうしてあゝ今更思い出してしまったのだろう
胸に空いた穴が拡がるだけなのに

描いた蛍の月模様
手のひらに舞い降りて
儚く瞬きささやいた
「おかえりなさい」と

テレスジア 痛みがずっと残ったままなのは
君が誰よりも愛を教えてくれたから

綺麗な横顔ずっと触れていたかった
募り積った心には降り注ぐ雨

重なり合わせた温もりも
記憶も迷いながら
流れるメロディひらひらと
風に乗せて運ぶ 

琥珀に滲んだ二人の写真は

ずっと古びた音色に囚われて
回り続けるだけの
既望に満ちたオルゴールと
ガラクタに溶け込む

ニコニコでほそぼそと→http://www.nicovideo.jp/mylist/20942209
twitter→http://twitter.com/_surami_
そのうち歌詞置き場になります

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP