もう戻りはしないけれど、それでも

投稿日:2017/06/29 21:15:21 | 文字数:395文字 | 閲覧数:366 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
どうして涙が出るの?
こんなに胸が苦しいの?
全てを捨ててまで
あんなに願った あんなに愛した
夢なのに
B
何も生まない答えを 探してる
誰を傷つけても 目は閉じたくない
S
ひとりで立ってみたくて
背負った荷物が重くて
ただそれだけだった
だけどそれだけじゃなかった

ねえ、ごめんね…

A
退屈な日々の中で
それでも笑えてたこと
今さら思い出す
明日に怯えて 昨日に縋った
今日だから
B
何も知りたくないと 背を向けた
君があの日見せた 笑顔の意味さえ
S
ひとりで立ってみたくて
背負った荷物が重くて
だけど温かくて
抱きしめられてるみたいで

ねえ、痛いよ…

S
ひとりで生きてみたいと
下ろした荷物の中身が
思い出せなくなって
涙溢れたんだ

そうしてやっと気づくの
背負った荷物の重さが
そっと馴染むくらい
僕は幸せだったこと
君が大切だったこと

ねえ、ごめんね…

エブリスタ 小説「愛をうたにして」
https://estar.jp/users/105143114/novels
歌詞をまとめてます。

趣味で作詞をやらせていただいております。ナツキと申します。
曲募集は一応しておりますが、どちらかと言うとこちらが詞を提供する、使っていただく、という形になるかと思います。こちらから作曲について何かを指定することはいたしませんが、質問や歌詞の改変などは随時受けつけております。もし使いたいという方がいらっしゃれば、お気軽にお声掛けください。
※「曲募集中」のタグがついている作品に限ります。
※歌詞の提供は無償です。
※作曲希望の方にメッセージをいただいた時点で募集を締め切らせていただいておりますので、できるだけ事前にご連絡くださると嬉しいです。この際、途中で取りやめていただいても大丈夫です。

それでは、よろしくお願いいたします。


2012年3月作詞活動開始
2016年3月ピアプロ登録

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP