Sweetness too Sweet

投稿日:2017/06/17 12:40:29 | 文字数:536文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

Sweetness too Sweet

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

また一つ この手から
零れ落ちた感情と
ただ一つ 僕の手に
残ったその感触が
まだ僕の 奥の方
心に絡みついたまま
夜の色に魅せられていく

街の灯が消えてく頃
ロウソクに火を灯して
寂しさをかき消す様に
2人分の影が揺れてる

奪って攫って手に入れてのは
口にすれば溶ける甘味

また一つ この手から
零れ落ちた感情と
ただ一つ 僕の手に
残ったその感触が
まだ僕の 奥の方
心に絡みついたまま
この夜を 彩ってく

一度きりの感情論と
偽りの混じった笑顔
全部捨てて溺れてゆく
戻れない海の底へと

奪って攫って手に入れたのは
使い捨ての愛の形

もう二度と あの時には
戻れないと知っていて
僕はまた 流れるまま
深みにはまって行くの
あなたの声 その全てを
忘れはじめた頃には
この夜が 明け始める

一度きりと決めたはずなのに
あなたの手の温もりが
忘れられず 求めてしまう
僕には甘すぎた甘味

また一つ この手から
零れ落ちた感情と
ただ一つ 僕の手に
残ったその感触が
まだ僕の 奥の方
心に絡みついたまま
もう夜が明け始める

忘れたはずの感情に
今日もまた火を灯してしまうから
もう二度と 戻らないと突き放して
そしてまた僕の前で
平気そうにさ微笑んで

作曲してます。ベースとキーボード。

投稿作品に絵師さん・動画師さんを募集しているものがあります。(時期によってはないかもしれません)
お気軽にご連絡ください。

Twitter → @takekou1010

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • Sweetness too Sweet(demo)

    by SHAKEさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP