星を食む 歌詞

投稿日:2020/03/30 20:12:25 | 文字数:331文字 | 閲覧数:6 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

星を食む


どうせくだらない
夜を抜けたら
誰も居ない 星が咲く世界へ
キミを連れて行くよ


いつかは
キミは
ボクを忘れてしまう
だからね
せめて
僕は覚えていよう

どうせくだらない
夜だ
不安に 
押し潰されないように
どうせくだらない夜を
抜けたら
キミと僕は2人


渇いた指先で
君の涙を拭って
頬を撫でた
あぁ
月が綺麗な夜
僕とキミはここで2人
星を食んだ。


寄り添う
体温
感じる
キミの鼓動
微笑む
横顔
いつまで
みれるの?

触れていないと
忘れてく表情
時が経つと
風化する感情
永遠に感じた
一瞬を
忘れたく
なくて


震える指先で
ボクの涙を拭って
頬を撫でた
あぁ
キミは今 何を想う?
僕と月はここで2人
星を食んだ。

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP