隣で歌っていてよ

投稿日:2021/12/06 07:19:50 | 文字数:716文字 | 閲覧数:33 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ほらもう泣いちゃいそうだからさ
一緒に歌っていてよお願い

イントロから歌い出しまでなんて
何度聞き惚れて歌えなかったか知れない
始まる前からこんな調子じゃ
ちょっと恥ずかしいから誤魔化しといて

穏やかなメロディーが続くんだ
パズルをひとつひとつはめ込むような
風景が少しずつ完成していく
涙目で見えないからもう少し歌ってよ

どの音にも流れだっていつかの記憶があって
抱えきれない思い出の渦に飲まれてしまえば
もう冷静に歌うなんて無理な話なんだよ
僕の声が聞こえなくなったらほんとごめんね


サビに行くまでの短い間奏だって
聴く度に耐えられなくて俯いてたんだ
そこまで普通に歌えてたらいいけど
ここ最近は一度もできたためしがない

ほらね一言目でもう声が震えてて
溢れて止まらなくなってるおかしいんだ
気持ちの中にはピタッと刻まれて
声に出すだけなのに歌詞も聴き取れない

どの言葉にも旋律だってどこかの面影があって
忘れられない足跡の波に佇んでしまえば
もう穏やかに囀るなんて無理な話なんだよ
僕の歌が届かなくなっていたらほんとごめんね


次で終わりなんだ短い歌だろう?
少し耐えれば歌いきるのはわけない
それでも始まってしまえば怒濤の
閉じ込めていた何もかもが輝いて


最後の瞬間までどうしようも無い
シメの見せ所が台無しだねなんてことだ
慰めてくれなくて良いよ笑ってて
一緒に歌っていてくれてありがとう

もう届かないって何度も繰り返したから
これは本当に最後の悪あがきみたいなもの
歌に乗せて届けたかったのに
声を添えてくれて嬉しかったよ


ちょうど良い言葉が見つからないけど
また隣で歌ってくれたらありがたいな

密かな呪文があなたの片隅で灯るように

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP