猫と駆ける寓話【曲:malka様】

投稿日:2021/04/19 11:08:34 | 文字数:568文字 | 閲覧数:907 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

malka様の
「【初音ミク】歌詞・イラスト・動画募集 ラフ」への応募させていただいた歌詞です。


タイトルは仮称です。
編曲の際の歌詞改変、調整は問題ありません。
また、対応も可能です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ひなたを飛び跳ねていく猫
追いかけていつの間にか太陽を
追い越してた 気にしない
心はもう止まらない
 1
今、おとぎばなしの
始まりにいるらしい
って誰かの声 さあ
表紙が音たて開いた

芽吹いた種たち
シャボンの花が咲く爪先
猫なで声が晴れ間から
昨日のドアを仕舞う

手招きの向こう煌めいた
猫のひげ 金平糖たずさえて
砂糖菓子の草原に
甘い風が吹き抜ける

 2
立ち止まってるひま
なんてないと急かす
黄金色(こがねいろ)うろこの
空を泳ぐ魚たち

足跡ひとっとび
隠した金貨 夜の先
宝箱には猫のあくび
揺れるしっぽが笑う

とっくに過ぎた夕焼け空
子守歌さえ飛び越えた子猫が
星屑を降らせながら
お月さまと踊ってる
 
色とりどり変わる
足もといつの間にか
泡になって一粒
また一粒はじけた


振り返れば恭しくも礼をして
猫が案内をするエンディング
みんなが眠りにつく帰り道 だけど
もう少し、あと少し


フィナーレにはもう
未練はいらない
笑い飛ばし指先から
盛大に花火
 

つないだ手から咲いた花の甘い蜜
ほろ酔い気分で飲めば
ほのあかるい明日になる
さあ今撃ち抜く準備!


ふたしかな約束にすがるくらいなら
潔く羽を閉じる
合言葉ならしおりに
いつかは鍵になるから

こもれび撫でる鼻先
ひなたに猫のうたたね

(cataclecoで「かたくりこ」と読みます。)
テキスト分野(作詞)に興味があり登録させていただきました。
歌詞を投稿しています。
応募用以外は曲募集中です。
曲先、詞先どちらも可能です。
よろしくお願いいたします。

(別場所では短歌や短編小説創作をしています。)
(Twitter登録してみましたが、まだ不慣れなので慣れそうでしたら後日活用していきたいと思います。)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】猫と駆ける寓話

    by malkaさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP