「太陽が嫌い」 歌詞

投稿日:2018/04/14 01:56:39 | 文字数:647文字 | 閲覧数:1,042 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

大層な話はないし
結構な頭もないし
沢山のお金もないから
ボケっと生きられるのだろう
冗談もほどほどにして
さっさと旅立つとしよう
憂愁な夏もすぐそこだ
また一つ太陽を赤くした

最低な人生を笑え
僕には何も聞こえないから
気づいてよ

空に吐いた感情が
ちっぽけに見えるほど
煌々と橙に染まった雲が綺麗で
泣いた炎天下
思い出すくらいには
もう親近感が点々としていた
汗を拭え

ウザったいくらいの暑さが
やっほーって顔を出すから
そっぽ向いてアイス食べてたら
とんとおいしくなかった
鉄砲くらいの大きさで
あははって笑うあなたが
ずっと頭に残って
いつまでも浮かんでいるんだ

そばにいたって
いなくたって
何故だろう
この思いをいつからか
空に潜らせてたんだ

咲いた心象を
ずっと花瓶に閉じ込めていたんだ
延長線上 安心感浸る二輪
空いた戦場みたいな
2つ前の誰かの席を
無意識のうちに
見ないようにしていた

ララ
ララララランララ
ランラランラン
ラララララランララ
ランラランラン
ルルルルルンルル
ルンルルンルン
ルララルラララ
嗚呼

死にたいから
生きたいからさ
せめて僕を主語にしたい
いつでもそうだ
消えたいから
僕らはいつでもそうだ
つられて笑う
それだけ、それだけでいいの

吐いた後悔を
都合よく消してくれる
夕立はない
「お前の人生だ」
近景が急に揺れる
泣いた瞬間に
ビルの隙間を
夕陽が通り過ぎて
僕を照らす
空が少し青を見せたから
僕はやれやれとまた歩いた

絵描いたり音楽やったりしてます
http://www.nicovideo.jp/mylist/54581591

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP