偽りの神に告ぐ

投稿日:2008/11/13 19:11:58 | 文字数:356文字 | 閲覧数:123 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

自サイトのサウンドノベルの内容をイメージして
病んでるっぽい感じで・・・

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君は微笑うのに
僕は此処から動けない
君は受け入れたのに
僕は受けとめるられない

引き上げた手
強く 熱を持ち 優しく 暖める
鼓動の歯車 音を立て もう一度僕は動き出す

残酷な神様 残酷な結末
穢れを知らない、真っ白な羽を
紅く塗りかえられても君の亡骸は微笑む

これは運命?これが運命?
君の歯車は僕の命と引き換えにその音は止み動かない
これは真実?これが真実
神よ、あなたは知るべきだ
あなたはマガイモノであることを

残酷な神様 残酷な結末
書き直そう そのシナリオを
もう一度、もう一度彼女が微笑むその結末へ

そのためなら僕は この手を汚す事など厭わない

君は微笑っていて
そこで微笑っていて
僕の傍で微笑っていて

そのためなら僕は、神すら消してみせるから

僕の神様は、君だけだから・・・。

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP