きんいろのうるか

投稿日:2021/11/29 22:37:31 | 文字数:404文字 | 閲覧数:31 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

高天原からやってきた
金色のウルカに
会釈を返して立ち去った
ある日の昼下がり

笹舟に揺られて海から流る
金色のナニカが口開く
「私は高天原から遣わされ
この地に降り立ったウルカだ」と言う

それを聞いた家の者
「ウルカ様だ。祀れ」
だから仲間を集め長き旅に向かう

金色のウルカがね
どこにいるかなんてわからないから
どこにでも祀れるよう
国じゅうに話をして呑み歩く

おつまみにウルカを嗜み
酒をちびちびと呑んで千鳥足でも
飲兵衛たちの祭神のウルカ様を広めよう

酔いどれのオヤジが難癖をつけ
猿と烏に威嚇され
蛇と女将は こんにちは
鹿の行先に 導かれる

餞に渡された榊を手に踊る
いつかウルカがきっと
ここに来ると信じ

金色のウルカの
伝説はいつしか神話になり
どこにでも祀られ始め
僕たちの旅はここで一区切り

この旅の終わり一夢の果てで
見上げた星を道標に
遠い遠い故郷に帰るために呑み歩く

作曲石材。
P名はまだ無い。
作曲自体はカンというか、独学というか。
ボカロPやったり、フォーマルテイストをかじった曲を作ったり。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • きんいろのうるか

    by 影石マサカズさん

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP