ray rain line

投稿日:2012/07/17 00:27:33 | 文字数:452文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です_(´ω`_ )_

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

左手から落ちる 思い出に混じった傷は
流されて消えていく 笑い声に覆われて
迷い込んだ森で 見つけた虫眼鏡は
木漏れ日を集めて 行先を刻んだ
浮かび上がる 確かな記憶の隙間
なぞったら眠りにつこう 冷めたままの月
天に 無数の光の粒
はじけて照らされた手のひらに
吸い込まれ 見失った傷跡が呼ぶよ

右手で作る輪の中をくぐる小さな
魚の群れを追い 再び歩きだすよ
気持ちは空と同じように少し曇り
それでもなんとか 行き先を見つめられる
忍び込んだ 記憶の隙間へそっと
落ちていけ真っ逆さまに 並んだままで
地平に 線となってふと消える
ハイスピードを身に纏い 
離れてく 散りばめられた星の歌よ

両手では足りないけど
指の隙間から落ちていく
雫を集めてくれるから
いつもありがとう 時は過ぎ

思い出せた?約束の場所はどこ?
見てきたものは何もかも輝き出すよ
光が 描き出した道に
先を示す足跡が
導いて 深い闇があの場所へ呼び戻す
天に ガソリンは入っているの?
さよならね 綺麗な水には戻れない

舞い落ちる天使の羽毛布団ことぷろーふとんです。
基本的には寝てます(¦3[ふとん]

_(´ω`_ )_

たくさんの曲を作れたら良いと思っています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/33

もっと見る

▲TOP