月明かり抄

投稿日:2014/11/16 03:32:00 | 文字数:934文字 | 閲覧数:67 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/t/0QY8 への投稿作です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

    月明かり抄

サビ1 000
てのひらに明かりを点し 
   尋ね歩く 君は何処(いずこ)と
いつの日か巡り会えたら… 
   そんな願望(ゆめ)を 孤空(そら)に呟く

A 050
背(せ)な合わせに伝わす熱が 
   気持ちいいねと甘えてた
目を見交わすこともせず 
   とどかぬ心に 

B 132
ほろほろ泣いて 赤目の兎は 
跳ねた 高い虚空(そら)めがけ
そして還らないよ

サビ2 155
零れ落つ 月光(ひかり)を掬い 
 むかし語り 色彩(いろ)褪せぬまま
   熱き想いなら 醒めもするのにね

  (ギターソロ)

C 300
耳を澄ませては 
 「鳴けない兎 何処で泣いている」
     虚ろを抱えて 竹が揺れた

サビ1 323
てのひらに 明かりを握る 
    凍える夜 君がいないよ
掴めない思いを抱いて 
    ひとり歩く 月も独りと

サビ2 350
すれちがう思いの丈に 
  空と地へと 分かたれたけど 
 白く染め上げて 
  輝夜、物語る 
   淡い月明かり 


    * * *


    月明かり抄

サビ1 000
てのひらに あかりをともし たずねあるく きみはいずこと
いつのひか めぐりあえたら… そんなゆめを そらにつぶやく

A 050
せな あわせに つたわすねつが 
きも ちいいねと あまえてた
め を みかわす こともせず 
とどかぬ こころに 

B 132
ほろほろないて あかめのうさぎは 
はねた たかいそらめがけ
そしてかえらないよ

サビ2 155
こぼれおつ ひかりをすくい むかしがたり いろあせぬまま
あつき おもいなら さめも するのにね

  (ギターソロ)

C 300
み みをすませては なけ ないうさぎ どこでないている
う つろをかかえて たけ がゆれた

サビ1 323
てのひらに あかりをにぎる こごえるよる きみがいないよ
つかめない おもいをだいて ひとりあるく つきもひとりと

サビ2 350
すれちがう おもいのたけに そらとちへと わかたれたけど 
しろく そめあげて かぐや ものがたる あわい つきあかり

歌詞と動画作成を主にやってます。
関わった作品はコチラ。
http://www.nicovideo.jp/mylist/23003007
イラストは必要に応じて。
ニーズありましたら声をお掛けください。
ただし実生活が多忙な為お受けできるかは状況によります。
その際はご容赦くださいまし。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP