投稿日:2012/09/14 23:42:37 | 文字数:401文字 | 閲覧数:44 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

とげとげ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真っ赤に染め上げた薔薇の小さな棘が
いつしか貴女の胸を刺すまで待つわ
呪いのように貴女を蝕んでいくまで待ち遠しいの
早く時よ満ちて すぐに

一匙の毒を水に溶かして綺麗に育てようか 
朱く朱く美しい耽美な貴女のような花を
楔のように胸に打ち込んで貴方に祝福を

胸が痛むの?「そう」よかったさすってあげる
大丈夫だよ苦しいのは束の間
名前を呼ぶよ貴方には私だけでしょう
貴方の隣にいつもいてあげるからね

言の葉に乗せた想いよ茨となって絡み付いて
流れ出た鮮血を優しく舐めとってあげるからね
毒に蝕まれて貴女と共に永久の眠りを


貴女を抱きしめて何度でも耳元で囁こう
呪詛の様に何度だって繰り返す

優しく撫でるよ ネムリニツクマデ
眠いの?おやすみ… 私も もうすぐ

静かに世界を閉ざした貴女に最後のくちづけを
柔らかな月明かりに抱かれて共に眠りましょう
二人きりの世界邪魔するものはもう何もない

猫の天球儀」というサークルで音楽活動してます。
CDも作ったりしてます。
作った曲は極力上げたい所存。

ついったhttps://twitter.com/Rur_s
ぶろぐhttp://catcelestialglobe.blog.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP